ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG ユーゴー その1

HG ユーゴー @ 2016年11月 6日

さて、前回は「MS オプションセット5」を作製しましたが、この中に「HG ユーゴー」用の武器が入っていて、これが余ってしまいます。ユーゴーは他のガンダムタイプのMSに比べてかなりユニークな形状をしていることもあって、ちょっと気になっていたので今回はこのユーゴーを作ってみたいと思います。

HG ユーゴー
ということで写真は「HG ユーゴー」のパッケージです。
頭部が別のアニメのロボットのようで、背中には大きなワッカが付いているのが、なんとも斬新なデザインですね。

HG ユーゴー
さて、写真は「HG ユーゴー」の全てのランナーです。
ランナーはポリキャップも含めて5枚と、HGとしては標準的な数が付いています。

HG ユーゴー
写真は多色成形のAランナーです。
このランナーにはオレンジや白のパーツが含まれているので、このユーゴーは結構ちゃんと色分けされていそうな感じです。

HG ユーゴー
写真はグレーのBランナーです。
このランナーには、主に関節のパーツが含まれていますが、右下付近のパーツが1個取れているような気が...

HG ユーゴー
ということで、袋を確認してみると写真のパーツが中に1個転がっておりました。
見たところ、大きなゲート跡も無いようなのでとりあえず一安心です。
(これは胴体のパーツでしょうか?)

HG ユーゴー
こちらは濃いブルーのCランナーです。
これは胴体などの外装パーツですね。

HG ユーゴー
そして写真は、例のワッカが付いたDランナーです。
このワッカは、手錠ではなく円月刀となっています。

HG ユーゴー
写真はポリキャップです。
型番は「PC-002」が使われています。

HG ユーゴー
最後はシールとリード線です。
リード線は、アンカー射出時のエフェクトパーツですが、アンカーというのはいかにも海賊っぽくていいですね!


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(25) | トラックバック (0)

HG ユーゴー その2

HG ユーゴー @ 2016年11月 7日

さて、今日から「HG ユーゴー」の作製開始です。まずはいつものように足先から...。

HG ユーゴー
ということで写真は「HG ユーゴー」の足先です。
うーむ、これは...。MSの足というよりは、まるでカニの足のようですね^^;。
(柔らかい地面には刺さって、安定しそうですが)

HG ユーゴー
写真は足先を横から見たところです。
この状態から...

HG ユーゴー
つま先(なのか?)部分が写真のように可動します。

HG ユーゴー
また、足首部分はバルバトス同様に、リング状の可動箇所があり足首が写真のように回転します。

HG ユーゴー
こちらは足の裏側です。
これを見ると、踵に何やらフタのようなものが見えますが、これは...

HG ユーゴー
写真のようにツメのようなものが展開して、まるでアームのような形状になります。
取説によると「脚部関節を腕のように可動させる改良も行っている」
とありますが、確かにこれならキックと見せかけて敵を掴むことができそうですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(10) | トラックバック (0)

HG ユーゴー その3

HG ユーゴー @ 2016年11月 8日

今日は「HG ユーゴー」の脚フレームの組み立てを行いました。

このユーゴーはガンダムフレームではありませんが、フレーム構造が再現されているようなので、できるだけフレーム状態で組み立てを進めていきます。

HG ユーゴー
ということで写真は「HG ユーゴー」の脚フレームです。
うーむ、黒く細長い脚フレームは、まさに「棒」といった感じですね...。

HG ユーゴー
写真は脚フレームを横から見たところです。
この状態からヒザを曲げると...

HG ユーゴー
写真の位置まで曲がります。
関節は2箇所あるので、ここからさらに...

HG ユーゴー
ナゼか逆方向に関節が曲がります。
見た目は定番の二重関節なので、180度曲がるのかと思いきや、可変MSのような関節の曲がり方をしますね。

HG ユーゴー
さて、脚フレームを足先とドッキングするとこんなカンジになりました!
(カニの上に、棒が伸びているようです^^;)

HG ユーゴー
脚部だけですが、ポーズを付けてみました。
と、ヒザが逆関節になるせいか、かなりトリッキーな曲がり方をします。
まあ、脚が手のように使えるらしいので、脚部全体の可動もこういった仕様になっているのでしょうね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(6) | トラックバック (0)

HG ユーゴー その4

HG ユーゴー @ 2016年11月 9日

今日は「HG ユーゴー」の胴体フレームの組み立てを行いました。

HG ユーゴー
ということで写真は「HG ユーゴー」の腰から頭部までのフレームです。
この「HG ユーゴー」は、腰フレームが1パーツ、頭部が2パーツ、そして胸部はポリキャップを除いて3パーツと、かなり少ない部品で構成されています。

HG ユーゴー
写真はフレームパーツを合体したところです。
頭部はクリーンに黒のラインが鮮やかですが、ここはシールで再現となっています。

HG ユーゴー
写真は胴体フレームを、背中側から見たところです。
うーむ、背中にまるで背骨のようなディテールがあるのは、バルバトスと似ていますね。

HG ユーゴー
写真は胴体フレームを横から見たところです。
この状態から...

HG ユーゴー
写真のように、胸部が前方に可動します。
また頭部もそれなりに可動します。

HG ユーゴー
ということで、胴体フレームを脚部とドッキングするとこんなカンジになりました!
うーむ、これは...。脚が異常に長いですね。

HG ユーゴー
胴体部分のアップです。
頭部はこれに大きな外装が付くわけですが、中身は随分と小型でシンプルですね。

HG ユーゴー
足先をクロー状態にして、カニキック?を繰り出してみました^^;。
このユーゴーは、脚がかなり長いのでこれは意外に有効な攻撃かもしれませんね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(4) | トラックバック (0)

HG ユーゴー その5

HG ユーゴー @ 2016年11月10日

今日は「HG ユーゴー」の腕フレームの組み立てを行いました。

HG ユーゴー
写真は「HG ユーゴー」の腕フレームです。
うーむ、脚部もでしたが腕もまるで棒のような細さですね。

HG ユーゴー
写真は「HG ユーゴー」の腕フレームを横から見たところです。
気になるヒジの可動はというと...

HG ユーゴー
写真のように120度ほど曲がります。
バルバトスルプス同様に、このユーゴーも関節は1つで充分な可動を確保して、かつ不自然な曲がり方でないのがいいですね。

HG ユーゴー
写真は肩関節のアップです。
肩関節は写真のように回転する仕様となっています。またU字型のマウントは肩アーマーの取り付け部となっています。

HG ユーゴー
さて、腕フレームを本体に取り付けると、こんなカンジになりました!

HG ユーゴー
これでフレームの組み立ては完了ですが、ユーゴーのフレームは全体的に細くマッチ棒のようですね。

HG ユーゴー
写真は上半身のアップです。
取説によると、このフレームは「ヘキサフレーム」というらしいですが、コックピットを頭部に配置したことでパイロットの生存率が非常に高いのだとか...。とはいえ、この小さな頭部フレームに人が入るのは、かなり窮屈そうですね。

HG ユーゴー
ちなみにですが、脚を真っ直ぐに伸ばした状態はユーゴーでは、普通の状態ではなく写真のヒザが逆関節が普通の立ち姿のようです。(取説の写真でもこうなってます。)
この状態だと、脚がちょうどいいぐらいの長さになりますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(4) | トラックバック (0)

HG ユーゴー その6

HG ユーゴー @ 2016年11月11日

さて、今日から「HG ユーゴー」のフレームに外装を取り付けていきます。

HG ユーゴー
写真は「HG ユーゴー」の脚の外装パーツ(片脚分)です。
脚の外装というと、細長いパーツが定番ですが、このユーゴーの場合は板状のパーツが多いですね。
さて、右下のパーツは大腿部に付く、シールドのようなパーツですがこれは...

HG ユーゴー
写真のようにアンカーが内蔵された射出部とそれを取り付ける、アーマー部となります。

HG ユーゴー
ということで、写真の脚フレームに、これらの外装パーツを取り付けると...

HG ユーゴー
こんなカンジになりました!
うーむ、細かった脚に、シールドのような外装が付いて、守りがかなり強固になりましたね。

HG ユーゴー
とはいえ、後ろ側は装甲はほとんど無かったりしますが...。

HG ユーゴー
これで脚部に外装が付き、下半分が随分ボリュームアップしました!


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(10) | トラックバック (0)

HG ユーゴー その7

HG ユーゴー @ 2016年11月12日

さて、今日は「HG ユーゴー」の胴体フレームに外装を取り付けました。

HG ユーゴー
写真は「HG ユーゴー」の腰部の外装パーツです。
腰部はフロントとリアアーマーしかありませんが、サイドアーマーは脚部横に付いたデカいパネルでカバーされています。

HG ユーゴー
そして写真は「HG ユーゴー」の胸部の外装パーツです。
とはいっても、たったの2パーツしか無いですが...。
これはもしかして、最少のパーツ数かもしれません。

HG ユーゴー
次は頭部の外装パーツです。(緑色のセンサーはシールで再現です。)
やはり、この頭部はこのユーゴーの特徴的な部分なので、パーツもかなり変わった形をしていますね。
ということで、このパーツを組立てると...

HG ユーゴー
写真の「HG ユーゴー」の頭部となります。
うーむ、頭部の下は何やら長い板状になっていて、かなり独特ですね。

HG ユーゴー
こちらは頭部の外装を下から見たところです。
フレームへのマウントは、写真中央の突起を1箇所はめるだけなので、外装の取り付けはまるで帽子を被るような感じになっています。

HG ユーゴー
ということで、写真のフレームに順番に外装パーツを取り付けていくと...

HG ユーゴー
腰に外装が付いて...

HG ユーゴー
胸部に外装が付いて...

HG ユーゴー
頭部に外装を取り付けると、写真の状態となります。
(かぶり物をかぶった怪しい人みたいです^^;)

HG ユーゴー
写真は「HG ユーゴー」の背中側です。
うーむ、なぜか背中はほとんど装甲が無いのがちょっと気になりますね...。

HG ユーゴー
これで、腕以外に外装が付きました!

HG ユーゴー
写真は頭部を横から見たところです。
この白いヘルメット?の中に、あの小さな頭部が入っているのはなかなかユニークですが、それにしても下に突き出た箇所はまるでゾウの鼻のようにもみえますね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(18) | トラックバック (0)

HG ユーゴー その8

HG ユーゴー @ 2016年11月14日

今日は「HG ユーゴー」の腕フレームに外装を取り付けました。

HG ユーゴー
写真は「HG ユーゴー」の腕部の外装パーツです。
腕部の外装は写真左の3パーツ、そして右側の4つは肩アーマーのパーツとなっています。
これを見ると、上腕の外装はほぼ省略されていて、その代わりに肩アーマーがあるように思えます。

HG ユーゴー
写真は肩アーマーを組み立てたところです。
肩アーマーは内側の濃いブルーの箇所が、シールで色分けされていますが、ここは結構な面積があるので成型色で色分けしてほしかったところです。

HG ユーゴー
さて、これらの外装パーツを写真の、ユーゴーの腕フレームに取り付けると...

HG ユーゴー
こんなカンジになりました!
うーむ、肩アーマーが付くと貧弱な肩が隠れて、随分と逞しくなりましたね。

HG ユーゴー
写真は腕部を横から見たところです。
この状態から...

HG ユーゴー
ヒジを曲げると写真の位置まで可動します。
前腕が肩アーマーと干渉するというのは、ちょっと珍しいですね。
(肩アーマーとヒジはかなり離れているハズですが...)

HG ユーゴー
ちなみにですが、肩のポリキャップは上に可動するため、肩アーマーは写真のように結構上に上げることができます。

HG ユーゴー
HG ユーゴー
これで、バックパックを除き、本体に外装が付きました!

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック (0)

HG ユーゴー その9

HG ユーゴー @ 2016年11月15日

今日は「HG ユーゴー」のバックパック等の組み立てを行いました。

HG ユーゴー
写真は「HG ユーゴー」のバックパックです。
バックパックは直線的なフォルムに、大き目のバーニアが2基とシンプルな作りとなっています。

HG ユーゴー
写真はバックパックを横から見たところです。
この角度から見ると、バーニアはかなり外側に飛び出していることがわかります。

さて、バックパックの左右に付いているグレーのパーツは、例の武器のマウント用だったりします。
ということで...

HG ユーゴー
写真はユーゴーの特徴的な武器である、円月刀です。

HG ユーゴー
円月刀は結構な厚みがあるので、斬るというよりはぶん殴るのに有効そうです。
取説によるとこの円月刀は
「敵の武装を受け流し、絡め取る目的で使われていた」
ということです。

そして、この円月刀をバックパックに取り付けると...

HG ユーゴー
写真の状態となりました!
うーむ、バックパックがまるで手錠のような形になりましたね。

HG ユーゴー
ということで、この円月刀付きバックパックを、ユーゴーの背中に取り付けると...

HG ユーゴー
こんなカンジになりました!
と、これは...。背中にワッカが付いたせいで、随分と印象が変わったような気がします。
(あと、背中の防御力が大幅にUPしました。)

HG ユーゴー
これで、バックパックも付いて本体の組み立ては完了です!

HG ユーゴー
HG ユーゴー
背中の円月刀を、両手に装備してみました。
ユーゴー自体もかなりユニークですが、円月刀もかなり面白い武器ですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(8) | トラックバック (0)

HG ユーゴー その10

HG ユーゴー @ 2016年11月16日

今日は「HG ユーゴー」の残りの装備の組み立てを行いました。

HG ユーゴー
写真は「HG ユーゴー」に付属しているマシンガンです。
ユーゴーのマシンガンは、グリップがかなり細身ですが本体は平たいものの、結構なボリューム感があります。

HG ユーゴー
写真はマシンガンを前方から見たところです。
このマシンガン、僅か2パーツの部品で構成されていますが、銃口部分に穴が空いるなどディテールはかなり凝っています。

ということで、このマシンガンを「HG ユーゴー」に装備すると...

HG ユーゴー
こんなカンジになりました!

HG ユーゴー
写真はマシンガンを構えたところです。
顔がデカいのであまり左右を向けないのは、ご愛嬌です。
(顔が肩アーマーと干渉します^^;。)

HG ユーゴー
さて、まだ紹介してない付属品としては写真左のリード線があります。
このリード線は写真右のサイドアーマーと組み合わせて使うのですが...

HG ユーゴー
サイドアーマー中央の穴に、リード線を通します。
そして、アーマーから外したアンカーのクロー部分を、写真のように前方にスライドして取り付けます。

HG ユーゴー
で、最後はリード線をアンカーの根元に接続すると、アンカーを発射した状態となります。

HG ユーゴー
ということで、写真はアンカークローを射出したところです。

HG ユーゴー
ただ、リード線が細いためアンカーの重力にまけて、油断すると下にさがってしまいます。
うーむ、これはもう少しリード線が太かったらよかったですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(24) | トラックバック (0)

HG ユーゴー その11

HG ユーゴー @ 2016年11月18日

さて、今日でスミ入れと部分塗装も終わり、ついに「HG ユーゴー」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

HG ユーゴー
まずは「HG ユーゴー」基本の立ちポーズ正面です。
このユーゴーは、上から下までかなり独特なフォルムです。
(部分塗装は、腰中央のオレンジの箇所だけ行いました。)

HG ユーゴー
HG ユーゴー
写真は「HG ユーゴー」のサイドビューです。
横から見ると、ヒザ関節がまるで鳥の脚のように逆関節となっているのが、これまたユニークです。

HG ユーゴー
写真は「HG ユーゴー」のリアビューです。
背中のワッカはただのリングではなく、円月刀となっています。

HG ユーゴー
こちらはユーゴーの上半身のアップです。
これを見ると、頭部にまるで頭巾のような被り物?をしているのが、面白いです。

HG ユーゴー
HG ユーゴー
写真はマシンガンを構えたところです。
(ここからはアクションベース2を使用しています。)
このユーゴーでは、標準装備の飛び道具はこれだけとなっています。

HG ユーゴー
HG ユーゴー
飛び道具ではないですが、こちらは腰からアンカークローを射出したところです。
取説によるとこのアンカークローは
「敵機を捕らえる目的以外にも補給物資の運搬用牽引ワイヤーとしても使われていた」
のだとか...。うーむ、平和的に荷物を運搬しているユーゴーさんを想像すると、なんだかほのぼのした姿が思い浮かびます^^;。

HG ユーゴー
さて、写真は背中の円月刀を構えたところです。

HG ユーゴー
円月刀はかなりのサイズがありますが、これだけの長さがあればたいていの武器には対応できそうですね。

HG ユーゴー
HG ユーゴー
そして、最後は脚部のクローを使ったトリッキーな?足技です。
いきなり下からこの脚が飛び出してきたら、確かに敵は面食らうかもしれませんね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(4) | トラックバック (0)

HG ユーゴー まとめ

HG ユーゴー @ 2016年11月19日

ユーゴーは、現在放映中のTVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ セカンドシーズン」に登場する「夜明けの地平線団」所属のMSである。本機は厄祭戦中期に開発されたモビルスーツで、中近距離戦での戦闘支援を視野においた設計がなされている。そのためか武装は僚機として味方を援護する目的のものが多く採用されている。

さて、この「HG ユーゴー」はキットとしては

・フレームはかなり独特なヘキサフレームを採用。
・HGながらフレーム構造もきちんと再現されている
・色分けは、主要な部分は成型色とシールでそのままでも大丈夫!
・武器は、特徴的な円月刀とマシンガンを標準装備!
・腰のアンカークロー射出用エフェクトパーツのリード線も付いている
と、なっている。

背中の円月刀がまるでリングのように見える秀逸なデザインの「HG ユーゴー」を、ぜひ作ってみることをオススメする。

・塗装必要個所
 色分けは成型色とシールでほぼ設定どおりとなる。
部分塗装が必要な箇所としては
 ・フロントアーマー中央のオレンジ
ぐらい

・パーツ分割が工夫されているため、合わせ目は少ない。合せ目があるのは
 ・肩アーマー中央
 ・前腕ヒジ側
 ・マシンガン、円月刀の中央
など

・武器、付属品
マシンガン
円月刀(バックパックにマウント可)
握り手左右
アンカークロー射出用リード線

・可動
 HGながらフレームが再現されていることもあり、可動はかなり優秀。
特徴としては
 ・つま先はクロー状態に変形する。
 ・足首関節はリング状のパーツにより前後左右に自在に可動。
 ・腰部はパイプ構造で前後への可動も可能。
 ・脚部はMSには珍しく、逆方向へ可動する。
 ・頭部は大きいため、以外にも肩アーマーと干渉する
となっている。

■おまけ

○オプションセット5

HG ユーゴー
さて、これでやっとオプションセット5のユーゴー用の武器が使えます!
まずは、写真のロングライフルを装備してみました。

HG ユーゴー
HG ユーゴー
写真はロングライフルを両手持ちしたところです。
ちなみにですが、この状態を背中側から見ると...

HG ユーゴー
実はバスターソードも背中に装備していたりします。
バスターソードの持ち手は、円月刀と同じ形状なので、前から見るとどちらを装備しているのか区別できませんね。

HG ユーゴー
ということで写真はバスターソードを手にしたところです。
うーむ、円月刀といいやはり鉄血シリーズのMSには、接近戦用の武器がよく似合いますね。

HG ユーゴー
最後はバルバトスルプスとの対決シーンです。
ユーゴーは足先が手みたいになっているので、これはキックなのか掴みかかっているのかよくわかりませんね。

B01ICR1VKAHG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ユーゴー 1/144スケール 色分け済みプラモデル
バンダイ 2016-10-08

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(18) | トラックバック (0)
copyright gunplablog.com