ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGCC ターンエーガンダム その7

ガンプラ:HGCC ターンエーガンダム @ 2014年4月17日

 今日は「HGCC ターンエーガンダム」の腕部の組み立てを行いました。

HGCC ターンエーガンダム
写真は「HGCC ターンエーガンダム」の腕部です。
脚と同じで腕もなかなか美しいシルエットとなっています。
(ちなみに、黒いラインはシールで再現です。)

HGCC ターンエーガンダム
写真は「HGCC ターンエーガンダム」の腕部を横から見たところです。
この状態からヒジを曲げると...

HGCC ターンエーガンダム
大体90度とちょっと曲がります。
なお、手前に大きめの穴があるのが気になりますが、ここはシールドのマウント用となっています。
ではこの腕を...

HGCC ターンエーガンダム
本体に取り付ける前に、写真の肩アーマー(の前半分)を先に肩の軸に取り付けます。

HGCC ターンエーガンダム
そして腕を胴体に取り付けると、写真のようになりました!
うーむ、腕のラインが直線でなはない、柔らかいラインなのが特徴的ですね。

HGCC ターンエーガンダム
写真は上半身を斜め上から見たところです。
これを見ると肩アーマーが前後のパーツで分かれているので...

HGCC ターンエーガンダム
写真のように肩アーマの後方のパーツが少しだけ後ろに傾きます。
ただし、このパーツは回転するわけではないので、肩アーマー自体は回転しないようです。

HGCC ターンエーガンダム
ということで、腕は大体水平あたりまでしか上げられません。
とはいえ、まあ普通のポーズなら問題なさそうです。

ちなみに、取説には「∀ガンダムの様々なシーンを再現しよう!!」というコーナーがあり、そこには腕をまっすぐ前に突き出して洗濯物を干すシーンがこのキットで再現されています。ただこの写真を見る限り、肩アーマーが90度ほど回転しているようですが、これはいったいどうやっているのでしょうね?


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(10) | トラックバック(0)

HGCC ターンエーガンダム その6

ガンプラ:HGCC ターンエーガンダム @ 2014年4月16日

 今日は「HGCC ターンエーガンダム」の頭部の組み立てを行いました。

HGCC ターンエーガンダム
写真は「HGCC ターンエーガンダム」の頭部です。
これがガンダム?といった感じのデザインですが、ツインアイ付近も含め俗にいうガンダム顔ではないことだけは確かです。

HGCC ターンエーガンダム
写真は「HGCC ターンエーガンダム」の頭部を横から見たところです。
うーむ、口から横に伸びたアンテナ(なのか?)が、立派なヒゲに見えます。
このヒゲがあるからか、どうもターンエーガンダムはおっさんのような雰囲気が漂っているような気がします。
(土木作業や洗濯、牛の輸送など、生活感溢れる日常シーンもあるので、なおのこと...^^;)

HGCC ターンエーガンダム
こちらはターンエーガンダムの後頭部です。
頭部は見事に球形の坊主頭となっています。

ということで、この頭部を胴体とドッキングすると...

HGCC ターンエーガンダム
こんなカンジになりました!
これでどこから見ても、白ヒゲさんになりました。

HGCC ターンエーガンダム
上半身のアップです。
こちらに視線を送られると、何とも言えない気持ちになります。
普通のガンダムの場合、単なるメカなのでそういう感じはしないのですが、ターンエーガンダムの場合、なんとなく生き物のように思えるのは気のせいでしょうか?

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(13) | トラックバック(0)

HGCC ターンエーガンダム その5

ガンプラ:HGCC ターンエーガンダム @ 2014年4月15日

 今日は「HGCC ターンエーガンダム」の胸部の組み立てを行いました。

HGCC ターンエーガンダム
写真は「HGCC ターンエーガンダム」の胸部です。
胸部の青い部分は「マルチパーパスサイロ」で、中に色々なものを装備して使えるのだとか...。
MGではここが開いて中に牛を入れることもできましたが、さすがにHGではハッチは開かず、ディテールはフェイクとなっています。

HGCC ターンエーガンダム
写真は「HGCC ターンエーガンダム」の胸部を背中側から見たところです。
背中も月光蝶のための、ナノマシン散布用ベーンが開くはずですが、ここもHGでは固定式となっています。
(写真では、肩アーマーの後ろ側だけの状態になっていますが、組み立ての順番から今はこうなっています。)

HGCC ターンエーガンダム
さて、ターンエーガンダムの胸部の可動箇所としては...

HGCC ターンエーガンダム
写真のように肩の軸が少しだけ前後に動きます。
また、首はお馴染みのポリキャップが写真のように可動します。

HGCC ターンエーガンダム
胸部を下半身とドッキングすると、こんなカンジになりました!
うーむ、どの部分をとっても他のモビルスーツとは違っていて、なかなかユニークですな。(次回組み立て予定の顔はさらにインパクト大ですが...^^;)

HGCC ターンエーガンダム
さて、この「HGCC ターンエーガンダム」は、胸部のハッチは開きませんがその代わり、写真の差し替えパーツが付いています。ということで...

HGCC ターンエーガンダム
写真の胸部のパーツを差し替えると...

HGCC ターンエーガンダム
写真の状態になります。

HGCC ターンエーガンダム
こちらは背中側です。
HGなので割り切った差し替え式もアリだと思いますが、内部をグレーで部分塗装するのは必須ですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(14) | トラックバック(0)
その他
プロフィール
  • かずちゃん
     最近息子と一緒にガンプラにハマっている
    一応、IT系エンジニア
  • メールはこちら
  • 当サイトはリンクフリーです。
  • ガンプラブログ
    ↑バナーはこちら
プレミアム バンダイ
copyright ガンプラブログドットコム