ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC ムーンガンダム まとめ

ガンプラ:HGUC ムーンガンダム @ 2018年10月16日

「ムーンガンダム」は漫画「機動戦士ムーンガンダム」に登場する主役モビルスーツである。パイロットはユッタ・カーシムさん。本機はバルギルの胴体に、G-ドアーズの頭部とサイコプレートを移植した機体で、背中に半月状に連結された「サイコプレート」の形状から「ムーンガンダム」という名前が付けられた。

さて、「HGUC ムーンガンダム」のキットのデキはというと
 ・全体的な可動は良好で色々なポースが決まる
 ・シール無しでかなりの部分が成型色で色分けされている。
 ・特徴的なサイコプレートは、自由に分離&組み換え可能で色々な形態を再現可能。
 ・専用のディスプレイベースが付属で、サイコプレートを背負った状態でも安定した展示が可能

となっている。
「機動戦士ムーンガンダム」シリーズとして初のリリースとなった本機であるが、今後このシリースのキットが登場する前に、ぜひ主役機のムーンガンダムを作っておくことをオススメする。


・塗装必要個所
シールは付属していないが成型色でかなりの部分をカバーしている。ただ頭部は特に色が足りていないので部分塗装を推奨する。
 ・スネのV字の赤。
 ・頭部横のグリーンのライン
 ・頭部横のバルカン砲のグレー
 ・後頭部のアンテナの赤いライン
 ・サイコプレートの先端の黄色

・合わせ目は殆どがモールドとして処理されているため目立たない。

・武器、付属品
ビームライフル
ビームトマホーク(刀身はクリアピンク成形、持ち手はバックパックに収納)
バタフライエッジX2(刀身はクリアピンク整形)
サイコプレート
握り手左右、ライフル用右手、平手左右
ディスプレイスタンド

・可動
 ヒザやヒジ関節など可動はかなり優秀。背中のサイコプレートはかなり柔軟に取付可能。
 ・股関節は軸が前後に移動する機構あり。
 ・肩関節は上方向に可動する。
 ・脚部は可動に合わせて外装が連動。
 ・サイコプレートは自由に分離、合体が可能。
となっている。

■おまけ

○サザビーに繋がるMS


HGUC ムーンガンダム
このムーンガンダムは「サザビーに繋がるMS」ということで、前回作製した「RG サザビー」と並べてみました。
うーむ、この2機は機体サイズが全然違いますね...。
また、パッと見ではほとんど共通点は無いように思えます。

HGUC ムーンガンダム
とはいえ、よーく見るとある程度似通った部分もあります。
写真では肩アーマーのバインダーが似たような作りになっていたり...

HGUC ムーンガンダム
ビームショットライフルの元になったというウワサの、ムーンガンダムのビームライフルはどことなく形が似ています。

HGUC ムーンガンダム
こちらは胴体部分のアップですが、腰部中央底部にはどちらも2基のスラスターが内蔵されています。
また、肩アーマーの前後には四角い推進装置が付いているのも共通です。
(ついでに腰にはどちらも動力パイプが見えています。)

HGUC ムーンガンダム
最後に、前々から似ていると思っていたのが写真のリアアーマーです。
下部に四角いグレーの部分と、中央にはグレーの同じようなメカが露出しています。

と、細かく見ていくと部分的に共通点はあるような気もしますが、全体的な印象ではやはり完全に別物ですね^^;。

ということで、最後は久々に...

HGUC ムーンガンダム
月を背負って、コマネチ!

ではまた次回!



HGUC 機動戦士MOONガンダム ムーンガンダム 1/144スケール

コメント(5) | トラックバック(0)

HGUC ムーンガンダム その17

ガンプラ:HGUC ムーンガンダム @ 2018年10月15日

さて、今日でスミ入れも終わり、ついに「HGUC ムーンガンダム」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

HGUC ムーンガンダム
まずは「HGUC ムーンガンダム」基本の立ちポーズ正面です。
このムーンガンダムは、なんと言っても背中の三日月の印象がかなり強烈です。

HGUC ムーンガンダム
HGUC ムーンガンダム
写真は「HGUC ムーンガンダム」のサイドビューです。
この角度から見ると、背中のサイコプレートはかなり薄型であることが分かります。

HGUC ムーンガンダム
こちらはムーンガンダムのリアビューです。

HGUC ムーンガンダム
サイコプレート表面は、かなり多数のモールドで覆われていますが、全部スミ入れすると写真の状態になります。

HGUC ムーンガンダム
写真は上半身のアップです。
見た目はガンダムですが、胴体に動力パイプがあったり、後頭部にアンテナがあったりと、結構独特な作りをしています。

HGUC ムーンガンダム
HGUC ムーンガンダム
写真はビームライフルを構えたところです。
ビームライフルは後のサザビーの、ビームショットライフルと同様に拡散ビームも発射可能です。

HGUC ムーンガンダム
上の写真を背中側から見たところです。
うーむ、こちらから見るとサイコプレートの防御面積はかなり鉄壁ですね。
(半身を覆うサイズです。)

HGUC ムーンガンダム
HGUC ムーンガンダム
写真はビームトマホークを装備したところです。
このビームトマホーク、サザビーほど大きくないので、取り回しは良さそうです。

HGUC ムーンガンダム
HGUC ムーンガンダム
こちらはバタフライエッジを展開したところです。
この武器は短剣ほどの長さなので、基本は格闘戦用でしょうかね?

HGUC ムーンガンダム
HGUC ムーンガンダム
最後は、両腕にサイコプレートを付けてビームライフルとビームトマホークを装備してみました。(サイコプレートは写真のようにシールド代わりに使えます。)

サイコプレートを色々な形態で運用できるこのムーンガンダムは、なかなかユニークな機体ですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(5) | トラックバック(0)

HGUC ムーンガンダム その16

ガンプラ:HGUC ムーンガンダム @ 2018年10月13日

今日は「HGUC ムーンガンダム」に部分塗装を行いました。

HGUC ムーンガンダム
ということで現在「HGUC ムーンガンダム」は、写真の状態となっています。
このムーンガンダムは、成型色でかなり細かく色分けされているので、部分塗装が必要な箇所はそれほど多く無いものの、取説やパッケージをよーく見ると、細かな部分で色が不足しています。

HGUC ムーンガンダム
写真は脚のアップですが、ここは赤いV字マークを部分塗装しました。

HGUC ムーンガンダム
写真は上半身のアップです。
上半身は胸の黄色い部分や、頭部などに部分塗装が必要ですが...

HGUC ムーンガンダム
特に頭部が部分塗装するのに一番複雑です。
頭の横の緑のラインをガンダムマーカーのアイグリーンで部分塗装したり、サイドのバルカン砲のような部分のグレー(下の四角い部分は一体なんでしょう?)、そしてアンテナには赤いラインがあったりします。

HGUC ムーンガンダム
あと、写真のサイコプレートは...

HGUC ムーンガンダム
写真のように上下の先端部分を黄色で部分塗装です。

さて、あとはスミ入れすれば完成ですが、ムーンガンダムは異様にスミ入れ箇所が多いので、スミ入れ後の印象はまたきっと変わるのでしょうね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(9) | トラックバック(0)
その他
プロフィール
  • かずちゃん
     最近息子と一緒にガンプラにハマっている
    一応、IT系エンジニア
  • メールはこちら
  • 当サイトはリンクフリーです。
  • ガンプラブログ
    ↑バナーはこちら
プレミアム バンダイ
copyright ガンプラブログドットコム