ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC R・ジャジャ その2

ガンプラ:HGUC R・ジャジャ @ 2019年1月22日

さて、今日から「HGUC R・ジャジャ」の作製開始です。まずはいつものように足先から...。

HGUC R・ジャジャ
ということで写真は「HGUC R・ジャジャ」の足先です。
R・ジャジャの足先は、2色の赤とグレーのパーツから構成されています。

HGUC R・ジャジャ
写真はR・ジャジャの足先を横から見たところです。
つま先は可動しそうにも見えますが、足先には可動箇所は全くありません。

HGUC R・ジャジャ
こちらは足先を上から見たところです。
これを見ると、左右にそれぞれ2基のバーニアが装備されていることがわかります。
(動力パイプのようなものも見えます。)

HGUC R・ジャジャ
写真は足の裏側です。
と、裏側の両端にはしっかりと肉抜き穴が...。
そえはそうと、足先のバーニアを噴射すると足に当たって、溶けてしまいそうな気がするのは気のせいでしょうか?


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(3) | トラックバック(0)

HGUC R・ジャジャ その1

ガンプラ:HGUC R・ジャジャ @ 2019年1月21日

さて、今回は今月発売された「HGUC R・ジャジャ」を作製したいと思います。

HGUC R・ジャジャ
写真は「HGUC R・ジャジャ」のパッケージです。
R・ジャジャと共に、後ろにはしっかりとダブルゼータが描かれています。

HGUC R・ジャジャ
写真は「HGUC R・ジャジャ」の全てのランナーです。
ランナー数は細かなものも含め、12枚と結構な数が付属しています。

HGUC R・ジャジャ
写真は赤いAランナーです。
このランナーは...

HGUC R・ジャジャ
タグをよーく見ると、
「HG R・ギャギャ」
と書かれています。
うーむ、最初は「R・ジャジャ」の間違いかと思いましたが、どうやらこのランナーは「HGBF R・ギャギャ」と共有のようです。

HGUC R・ジャジャ
こちらも赤いBランナーです。
このランナーもR・ギャギャと書かれています。

HGUC R・ジャジャ
写真はグレーのC1ランナーです。
このランナーは...

HGUC R・ジャジャ
今度はちゃんと「HG R・ジャジャ」となっています。

HGUC R・ジャジャ
写真は赤いC2ランナーです。
これもR・ジャジャ専用のランナーです。

HGUC R・ジャジャ
写真はダークレッドのDランナーです。
このランナーは...

HGUC R・ジャジャ
「HG R・ジャジャ」&「HG R・ギャギャ」と両方の名前が書かれています。
うーむ、2つのキットの名前が1つのタグに書かれているのは、かなり珍しいですね。

HGUC R・ジャジャ
HGUC R・ジャジャ
写真はグレーのE1, E2ランナーです。(R・ギャギャ用です)

HGUC R・ジャジャ
写真は黄色いF1ランナーです。
(R・ジャジャ&R・ギャギャのハイブリッドです。)

HGUC R・ジャジャ
写真はダークレッドのF2ランナーです。
(R・ジャジャ用です。)

HGUC R・ジャジャ
こちらはクリアイエローのGランナーです。
(R・ギャギャ用です。)

HGUC R・ジャジャ
最後はポリキャップ(PC-002, PC-7)と、ホイルシールです。

さて、半分ぐらいR・ギャギャと共通パーツのR・ジャジャですが、どんなキットになっているのかが気になります。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(7) | トラックバック(0)

RE/100 ガンイージ まとめ

ガンプラ:RE/100 ガンイージ @ 2019年1月20日

ガンイージは、TVアニメ「機動戦士Vガンダム」に登場する「リガ・ミリティア」の量産機である。パイロットは「シュラク隊」の皆さん。ガンイージはVガンダムを開発するためのテスト機をベースに開発したMSで、6機の初期生産型が開発されている。このガンイージは、MGやHGUCではキット化されてこなかったが、今回RE/100シリーズとしてリリースされることとなった。

さて、この「RE/100 ガンイージ」はキットとしては
・各部の可動は広く、いろいろなポージングが可能。
・各部が成型色で色分けされていて、ほぼそのままで設定どおりとなる。
・肩のウェポンラックは開閉式で、2連装マルチランチャーなどを再現!
・武器はビームライフルに加え、ビームバズーカも付属。
・相方のツッコミに最適なビームハリセンも付属。

となっている。Vガンダムシリーズで、なかなかキット化されなかった本機であるが、ぜひVガンダムと一緒に並べて見ることをおススメする。

・塗装必要個所
 成型色で細かく色分けされており部分塗装が必要なのは、頭部バルカン砲のグレーぐらい。

・パーツ分割が工夫されているため、合わせ目はほとんど無い。細かくは
 ・脹脛上部
 ・頭部側面
ぐらい。

・武器、付属品
ビームライフル(脚部にマウント可)
ビームバズーカ(お尻にマウント可)
ビームサーベル X 1(左肩ウェポンラックに収納)
ビームシールド X 1(ヒジにマウント可)
握り手(左右)

・可動
 ヒザやヒジは180度近く動き、可動はMGと遜色ないレベル。股関節も可動機構を備え、かなりよく動く。
 ・ヒザやヒジは180度近く可動する。
 ・肩関節は前方に引す機構あり。
 ・股関節は軸が前後に可動する。
 ・胴体部分にも可動部がある

■おまけ

○Vガンダムとガンイージ

RE/100 ガンイージ
写真は「RE/100 ガンイージ」と同スケールの「MG Vガンダム Ver.Ka」を並べたところです。全高はガンイージ14.9m、Vガンダムが15.2mということですが、見た目の大きさはほぼ同じです。
うーむ、これはもしかしてVアンテナの有無の差ですかね?

RE/100 ガンイージ
写真は2機を横から見たところです。
どちらも手にはビームライフルを持っていますが、これは全く同じものです。

RE/100 ガンイージ
こちらは脚部のアップです。
こうして見ると、この2機は形状や作りなどかなり共通点がありますね。

RE/100 ガンイージ
とはいえ、背中側を比べるとガンイージの方は、かなりシンプルで簡素化されています。
これはやはり、主役機とそれ以外の機体の差なんでしょうかね?


RE/100 機動戦士Vガンダム ガンイージ 1/100スケール

コメント(12) | トラックバック(0)
その他
プロフィール
  • かずちゃん
     最近息子と一緒にガンプラにハマっている
    一応、IT系エンジニア
  • メールはこちら
  • 当サイトはリンクフリーです。
  • ガンプラブログ
    ↑バナーはこちら
プレミアム バンダイ
copyright ガンプラブログドットコム