ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG ガンダムF91 Ver.2.0 その1

ガンプラ:MG ガンダムF91 Ver.2.0 @ 2018年5月22日

さて、今回は先週リリースされた「MG ガンダムF91 Ver.2.0」を作製したいと思います。
MG ガンダムF91といえば2006年に初代がリリースされていますが、今回はVer.2.0として新たに登場です。

HGUC 陸戦型ガンダム
ということで写真は「MG ガンダムF91 Ver.2.0」のパッケージです。
F91といえば小型のMSということで、初代は小さいサイズの箱が使われていましたが、このVer.2.0では大きなサイズの箱が使われています。

HGUC 陸戦型ガンダム
HGUC 陸戦型ガンダム
写真は「MG ガンダムF91 Ver.2.0」の全てのランナーです。
箱は大きいですが、中のパーツは細かな色分けされたランナーが多いですね。

HGUC 陸戦型ガンダム
写真は白いA1, A2ランナーです。
このランナーは、2つの番号がくっついた構成になっています。

HGUC 陸戦型ガンダム
こちらも白いBランナー(x2)です。
ここまでが、F91メインカラーの白いランナーとなっています。

HGUC 陸戦型ガンダム
写真はグレーのCランナーです。
このランナーはABS樹脂製ですが、そういえば初代のF91もABSパーツが多用されていて、それがウリだったような気がします。

HGUC 陸戦型ガンダム
写真はパーツのアップです。
これは胸部のパーツですが、網のような複雑な形状を再現しているのがなかなかスゴイです。

HGUC 陸戦型ガンダム
写真はグレーのD1, D2ランナーです。
このランナーは2枚付属で、これもABS樹脂製となっています。

HGUC 陸戦型ガンダム
写真は黄色いE1ランナーです。
ここはワンポイントの小さなパーツがメインです。

HGUC 陸戦型ガンダム
そして写真はクリアパーツのE2ランナーです。
この丸いパーツはコックピットのようですが、全体が透明というのは珍しいです。

HGUC 陸戦型ガンダム
写真は赤いF(x2)ランナーです。
ここは、ほぼ足先のパーツですね。

HGUC 陸戦型ガンダム
写真はブルーのG1ランナーで

HGUC 陸戦型ガンダム
こちらはオレンジのG2ランナー

HGUC 陸戦型ガンダム
そして銅のようなメタリックパーツのG3ランナーです。
写真右下のパーツをアップにしてみると...

HGUC 陸戦型ガンダム
なんだか複雑な形状で、さらに穴まで空いているのは細かいですね。

HGUC 陸戦型ガンダム
写真は武器などがセットされたHランナーです。

HGUC 陸戦型ガンダム
そして写真はクリアグリーンのSB-19ランナーです。
初代ではビームシールドはPET素材にグラデーション印刷されたものが付いていましたが、Ver.2.0では普通にクリアパーツ製のものが付属しています。(最近は印刷系のパーツはとんと見かけなくなりました。)

HGUC 陸戦型ガンダム
写真はディスプレーベースのACB-BAランナーです。
F91は宇宙用の機体なので、やはりスタンドが付いているのはウレシイですね。
(初代はラフレシアがベースになっていました。)

HGUC 陸戦型ガンダム
最後は、付属のシールです。

さて、小型のMSということで細密な作りがウリだったガンダムF91ですが、Ver.2.0となりさらなる進化を遂げている部分が必ずあるハズです。これは、色々と発見がありそうなのが楽しみです。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(11) | トラックバック(0)

HGUC 陸戦型ガンダム まとめ

ガンプラ:HGUC 陸戦型ガンダム @ 2018年5月21日

陸戦型ガンダムはOVAシリーズ「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」に登場する地球連邦軍のモビルスーツである。(型式番号はRX-79[G]で主なパイロットは主人公のシロー・アマダさん)
陸戦型ガンダムはHGUCとしては2007年にリリースされているが、今回は11年の時を経て新フォーマットで再登場となった。
さて「HGUC 陸戦型ガンダム」はキットとしては

・旧キットからはコンテナのみ流用でそれ以外は新規造形!
・可動はさらに広くなり、膝立ちポーズもカッコよく決まる。
・旧キットよりもスマートで細身のフォルム。
・色分けも初代よりかなり進化。
・ビームライフルや左平手も付いてくる。

となっている。初代「HGUC 陸戦型ガンダム」からリニューアルされたこの陸戦型ガンダムだが、ぜひ手にとってその進化を確かめてみることをオススメする。


・塗装必要個所
色分けは主な部分は成型色とシールでほぼ再現されている。細かな部分では
・胸部バルカンの白
・ヒザの窪みのイエロー
・シールドの上部パイプのグレー
などに塗装が必要。


・パーツ分割は、下半身はほぼ皆無。上半身には多少の合わせ目があるが
 ・前腕側面
 ・頭部
ぐらいとかなり少ない。


・武器、付属品
100mmマシンガン(予備マガジン×2 サイドアーマーに装備)
ビームライフル
180mmキャノン(コンテナに収納可)
ビームサーベル(脚のサーベルラックに収納化。刀身はクリアピンク成型)
シールド(前腕にマウント可)
コンテナ(ランドセルに装備可)
握り手(左右) 、ビームライフル用右手、左平手

・可動
 関節パーツは去年発売された、陸ジムを一部流用しているためかなり広い。ヒザやヒジはほぼ180度可動するなど、最新の技術が投入されている。
 ・ヒザ・ヒジは2重関節でかなり広い可動範囲
 ・腰が前後左右に可動する。
 ・股関節は上下方向に可動する
 ・つま先が可動する


■おまけ

○新旧陸戦型ガンダム

HGUC 陸戦型ガンダム
さて、せっかくなので新旧の「HGUC 陸戦型ガンダム」を並べてみました。
左が新型、右が旧型ですが、こうしてみると新型は背が高くスマートになっていることがわかります。
(見るからに腰の位置が高く、脚が長くなっています^^;。)

HGUC 陸戦型ガンダム
写真は2機を斜めから見たところです。
こうしてみると、胸部や肩アーマーなど、結構違いがあることが分かります。

HGUC 陸戦型ガンダム
こちらは胴体部分のアップです。
並べると、頭部が小顔に、そしてフンドシ部分の形状も違っています。

HGUC 陸戦型ガンダム
そして何よりの違いが、写真の脚部の可動範囲です。
新型はほぼ正座状態が再現できるのに比べ、旧型は若干お尻が浮いてしまいます。

HGUC 陸戦型ガンダム
HGUC 陸戦型ガンダム
最後は2機並んでの射撃シーンです。
ガンダムが2機いると、なんとなく強そうに見えますね。

B079DM7P4GHGUC 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 陸戦型ガンダム
バンダイ(BANDAI) 2018-04-21

コメント(13) | トラックバック(0)

HGUC 陸戦型ガンダム その13

ガンプラ:HGUC 陸戦型ガンダム @ 2018年5月20日

さて、今日でスミ入れとシール貼りも終わり、ついに「HGUC 陸戦型ガンダム」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

HGUC 陸戦型ガンダム
まずは「HGUC 陸戦型ガンダム」基本の立ちポーズ正面です。
この陸戦型ガンダムは、全体は初代ガンダムに似ていますが、ヒザのスパイクや胸部の装備など、陸戦型としてかなり違った機体となっています。

HGUC 陸戦型ガンダム
HGUC 陸戦型ガンダム
写真は「HGUC 陸戦型ガンダム」のサイドビューです。
シールドには「08」の番号のシールを貼りましたが、やはり「第08MS小隊」なら誰でもこうなりますよね。
(一応番号は、好きなNoを選べるわけですが...)

HGUC 陸戦型ガンダム
写真は「HGUC 陸戦型ガンダム」のリアビューです。
背中にはデカい箱型のウェポンコンテナを装備していますが、この中には180mmキャノンが収納されています。

HGUC 陸戦型ガンダム
こちらは上半身のアップです。
胸部はかなりカラフルな作りですが、上部のバルカン砲以外は全て成型色で色分けされているのは、ガンプラの進化を感じてしまいます。

HGUC 陸戦型ガンダム
HGUC 陸戦型ガンダム
写真はマシンガンを構えたところです。
陸ジム&陸ガンではやはりこのマシンガンが一番使われていたいたように思います。

HGUC 陸戦型ガンダム
HGUC 陸戦型ガンダム
そして写真はビームライフルです。
このビームライフルは希少品のためか、アニメでは途中から支給されていました。

HGUC 陸戦型ガンダム
HGUC 陸戦型ガンダム
写真はビームサーベルを装備したところです。
この陸戦型ガンダムでは、ビームサーベルはランドセルではなく、脚部に内蔵されています。
(背中は、コンテナを運ぶので一杯です^^;)

HGUC 陸戦型ガンダム
HGUC 陸戦型ガンダム
そして、写真は一番サイズの大きい180mmキャノンを装備したところです。
この武器は基本的に長距離支援用で、僚機を後方から支援するための射撃を行います。

HGUC 陸戦型ガンダム
HGUC 陸戦型ガンダム
写真はシールドをバイポッドにしてのしゃがみ撃ちです。
このポーズを取るためには、かなり腰を深く落とす必要がありますが、このキットでは広い可動でそこをクリアしています。

HGUC 陸戦型ガンダム
ちなみにですが、個人的には写真のライフル&マシンガン2丁持ち(かつジャマなコンテナ無し)が、戦闘時での応用が一番効くようような気がします。何と言っても、ビームライフルはガンダム用と近い威力があるらしいので...。

HGUC 陸戦型ガンダム
そういえば、コンテナを背負っていない後ろ姿の写真は一枚も無いので、背中のショットです。コンテナ無しの陸戦型ガンダムの背中は、意外とスッキリしてますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(7) | トラックバック(0)
その他
プロフィール
  • かずちゃん
     最近息子と一緒にガンプラにハマっている
    一応、IT系エンジニア
  • メールはこちら
  • 当サイトはリンクフリーです。
  • ガンプラブログ
    ↑バナーはこちら
プレミアム バンダイ
copyright ガンプラブログドットコム