ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア その5

ガンプラ:HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア @ 2015年2月27日

今日は「HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア」の胸部の組み立てを行いました。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
写真はレッドウォーリアの胸部です。
胸部は正面部分だけが濃い赤になっていますが、襟元や胸の両側が黄色になっているなど、元祖ガンダムの配色が取り入れられています。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
写真はレッドウォーリアの胸部を背中側から見たところです。
肩の上にはバーニアユニットが装備されていますが、バーニア周辺はグレーなので部分塗装が必要ですね。
(成型色が白なので助かります。)

HGBF ガンダムレッドウォーリア
さて、このバーニアユニットは...

HGBF ガンダムレッドウォーリア
写真のように後方に噴射口を向けることができます。
また上下方向にも可動するので、かなり自在に機体を操ることができそうです。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
そして、胸部にはさらにギミックがあって、写真の前面の外装を取り外すと...

HGBF ガンダムレッドウォーリア
胸の黄色いパーツの裏側には、どこかで見たような3つの穴があります。
これを裏返して取り付けると...

HGBF ガンダムレッドウォーリア
腰部と同じく3連のミサイルボッドが出現します。
ガンダムではここは、エアインテークでしたが、メイジンの機体ではちゃっかりと武器が装備されているわけですね。
(接近しての不意打ち用に最適です^^;。)

HGBF ガンダムレッドウォーリア
さて、胸部を下半身とドッキングするとこんなカンジになりました!
と、ここにきて赤以外の色も増えてきましたね。(それでも、ほとんど赤ですが。)

HGBF ガンダムレッドウォーリア
上半身のアップです。
肩から伸びているバーニアユニットは、根元がパイプなのでなんとなくフレキシブルなLEDライトのように見えてしまうのは気のせいでしょうか?

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(10) | トラックバック(0)

HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア その4

ガンプラ:HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア @ 2015年2月26日

今日は「HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア」の腰部の組み立てを行いました。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
写真はレッドウォーリアの腰部です。
腰部は全体が濃い方の赤一色となっています。
(中央のグレーはシールで再現です。)

HGBF ガンダムレッドウォーリア
写真はレッドウォーリアの腰部を後ろから見たところです。
うーむ、前と後ろで似たような形をしています...。
そういえば、各アーマーに箱?が付いているのは初代ガンダムと同じですね。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
こちらは腰部を下から見たところです。
この状態から...

HGBF ガンダムレッドウォーリア
リアアーマーは固定式ですが、フロントとサイドアーマーは写真のように可動します。
また股関節の軸は、上下に回転する機構が採用されています。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
さて、腰部を脚部とドッキングするとこんなカンジになりました!
こうして見ると上から下まで、見事に真っ赤っ赤ですな。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
写真のように脚を拡げてみると、やはり足の裏が地面に接地しません。
まあ、HGは軽いのでこれでも十分安定してますけどね。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
さて、名人カワグチの機体たるもの、実は腰部にもちゃんとギミックがあったりします。
ということで写真の状態から...

HGBF ガンダムレッドウォーリア
フロントアーマーを(差し替えて)下げると、上部に3連ミサイルボッドが出現します。
こんな所に武器があるというのは、ちょっとビックリですが、これって名人らしからぬ騙し討ち用の装備みたいな気が...^^;。
(ガンプラは自由だ!...からいいのかな?)

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック(0)

HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア その3

ガンプラ:HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア @ 2015年2月25日

今日は「HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア」の脚部の組み立てを行いました。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
写真はレッドウォーリアの脚部です。
うーむ、赤い、全体が赤いです。そしてこの脚部もヒザだけが、ちょっと濃い赤で色分けされています。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
写真はレッドウォーリアの脚部を横から見たところです。
さて、気になるヒザの可動範囲はというと...

HGBF ガンダムレッドウォーリア
写真のところまで曲がります。
角度にしておよそ145度ぐらい、HGとしては標準的な可動ですね。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
こちらは脚部の内部構造です。
この状態から...

HGBF ガンダムレッドウォーリア
ヒザ関節を曲げると写真のようになります。
これを見ると、ヒザ関節は2箇所が可動、そして足首にも可動する箇所があります。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
ヒザの外装部分には、ガンダム同様に円筒形のディテールがあるのですが、実は関節のパーツはここに軸があるわけではありません。
(パッと見で、ヒザの円筒部分が可動するように見えますが、実際の可動箇所はグレーの関節パーツ内部となります。)

HGBF ガンダムレッドウォーリア
さて、脚部を足先とドッキングするとこんなカンジになりました!
と、これは...。ガンダムの脚が赤くなったようなイメージですね。

HGBF ガンダムレッドウォーリア
脚部だけですがポーズを付けてみました。
このレッドウォーリアは足首の関節が思っていたよりは前方に可動しないようですね。
(メイジンの機体ならもうちょっと可動しても良さそうなものですが...^^;)

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(15) | トラックバック(0)
その他
プロフィール
  • かずちゃん
     最近息子と一緒にガンプラにハマっている
    一応、IT系エンジニア
  • メールはこちら
  • 当サイトはリンクフリーです。
  • ガンプラブログ
    ↑バナーはこちら
プレミアム バンダイ
copyright ガンプラブログドットコム