ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

ガンプラ16.コレクションケース導入でさらに楽しいガンプラライフを!

お父さんのためのガンプラ講座 @ 2006年1月28日

突然ですが、今回は大型のコレクションケースを導入したのでレビューも兼ねてのガンプラ講座です。

ガンプラ復帰してから、もうじき約2年。思えば今までにいろいろなガンプラを作ってきました。そして今では完成したガンプラも50体を越えるまでになりました。
さて、こうなるとだんだん問題になってくるのが、ガンプラを飾る場所です。
数が少ないうちは、この講座で取り上げたようなプラスチック製のディスプレイケースに入れて、テレビの上や、キッチンのカウンターの上などに分散して置いていましたが、ケースが2、3個くらいのときはいいですがだんだんケースの数が増えてくると

 掃除がしにくいのでジャマ! (#゚Д゚) プンスコ! <-嫁

とやはり、嫁さんに怒られてしまいます。(やはり最後はこうなる^^;)

これを解消するためにはコストと置き場所の問題がクリアできるならば、やはり

 「大型のコレクションケースを導入して全部まとめてディスプレイ!」

するのが一番良い方法です。幸い我が家は、飾る場所はあるので実は今までずーっと、ガンプラコレクションに最適な、コレクションケースを探していたのでした。ということで、子供の学習机を買うなどの目的で家具屋さんにいくたびにコッソリとガンプラに最適なコレクションケースを探していましたが、市販のものは
 ・値段が10万くらいする高価なものが多い(5万以下を希望!)
 ・奥行き20cm、幅60cmくらいと、中途ハンパなサイズが多い(MG飾るため奥行き40cmくらいを希望!)
となかなかピッタリ来るものがありませんでした。

ところが最近になってネットで、ガンプラを飾るのにピッタリなコレクションケースを発見しました。ということでさっそく購入&組み立てを行いました。

さて、今回購入したのは

越田クラフトさんという金属加工会社(<-今まで全然知りませんでした。)が販売している

 「FAST LANEXスタンダードタイプ

という製品です。お値段は4万円ほどでとけっして安いわけではないのですが、似たようなスペックのものは、もっとずっと高価(10万以上?)なのでかなりお買い得であると思います。この「FAST LANEX」の特徴としては
 ・高さ155cm×幅85cm×奥行き45cmと、コンパクトかつ大収容力
 ・ねじれない、曲がらない、歪まない強靭なアルミフレームでしかも軽い
 ・全面ガラスを使用、かつ全面が開閉可能
 ・棚の高さを自由変更可能(オプションで棚板の枚数が増やせる)
ということで、スペックはまさにガンプラを飾るのに最適です。

以下この越田クラフトさんのコレクションケース、FAST LANEXスタンダードタイプのレビューです。


コレクションケース
写真は、運送屋さんから届いた箱です。さあ、これから組み立てるぞ~♪

コレクションケース
中味はこんなふうになっています。
大きい箱はアルミのフレーム、小さいほうはガラスの板が入っています。
ちなみに、重さは小さい箱のほうがかなり重いです。ガラスがこんなに重いとは...。

コレクションケース
アルミフレームの組み立てが終わりました。このアルミフレームは非常に軽く、大人なら軽々持ち上げることができます。そして軽いながらも、強度は充分です!さすがオールアルミ製!

コレクションケース
とりあえず手持ちのガンプラを全て飾ってみました。
50体以上のガンプラがすっきり収まって、しかもまだスカスカの状態です。^^;

コレクションケース
この「FAST LANEX」の良いのは、どの面でもガラスが開閉可能になっているところです。
写真のように前面のガラスもオープンできます。

コレクションケース
横のガラスもちゃんと開きます。どこからでも出し入れ自在だぁ~♪
しかし、なんといってもやはり一番スゴイのはその収納力です。

コレクションケース
ということで、試しにHGUCのジオン系モビルスーツを飾ってみました。
ジオングからザクまで全部で8体飾ってみましたが、まだ前の方がスカスカです。
HGUCならここに12体くらいは飾れそうです。
ということは、標準で付いている棚板8枚で、100体くらい飾れそうです。
なんかスゴイ!

コレクションケース
MGを飾るとこんなカンジになります。
この状態で6体飾ってありますが、これなら1つの棚で8体くらいは飾れそうです。
ということはMGなら棚板8枚で、64体くらいは飾れそうです。

コレクションケース
この「FAST LANEX」は奥行きが45cmもあるので、

「あの長いMG Zガンダム Ver2.0」のカタパルトも余裕で飾ることができます。

しかも、まだまだ前のほうに余裕があります。

コレクションケース
さらにこの「FAST LANEX」は高さが155cmもあり、かつ棚の位置が自由に変更できるので
MG フリーダムさんもスタンドで空中展示が可能です。νガンダムもちゃんと、ファンネルを付けた状態で飾れるヨー(^^)

コレクションケース
最近作っている、HGUCガブスレイさんやアッシマーさんを飾るとこんなカンジ。


ちなみに補足説明として
棚板は、左右に分かれていて標準で8枚付属しています。ただしこれだと1段の高さが高すぎるので、MGでもあと1段は増やせそうです。ということで5段の棚にすると 収容力は
 HGUCで、12 X 10 = 120 体
 MGで、 8 X 10 = 80体
程度が収納できる計算になります。これだと、月一ペースでMGを作る人にとっては、

「あと6年は戦える!」

ことになります。ガンプラを大人の趣味とするのであれば、こういうものを導入してみるのも良いかもしれませんね。作ったあとに飾る楽しみが倍増します!ということで、早くドムを完成させて、ジェットストリームアタック状態で飾るぞ~♪


越田クラフトさん「FAST LANEXスタンダードタイプ

楽天市場「FAST LANEXスタンダードタイプ」(こっちだとポイントが付きます)

2006/10/14 追加
 ディスプレイケースの引越しを行いました
2007/9/5 追加
 ディスプレイケースの収容量をUP!
2010/7/19 追加
 ディスプレイケースの近況です

 目次へ戻る

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1355
トラックバック
2006年1月29日 02:13
みなさんにお聞きしたい! 現在、おいらのガンプラ置き場はこちら。 横約70cm×高さ約40cm×奥行き約28cmの手作りの棚に入れています。 手...
お子ちゃまな旦那
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム