ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC バーザム その1

HGUC バーザム @ 2017年6月13日

さて、今回は先月リリースされた「HGUC バーザム」を作製したいと思います。
HGUCはここ最近、百式、ゼータガンダムそしてこのバーザムとゼータシリーズの機体が結構リリースされてますね。

HGUC バーザム
ということで、写真は「HGUC バーザム」のパッケージです。
ティターンズの機体らしくMk-IIと同じような濃いブルーのカラーリングとなっていますが、そこにモノアイの頭部が乗っているのは何ともいえない感じがします。

HGUC バーザム
写真は「HGUC バーザム」の全てのランナーです。
ランナーは結構カラフルなものが多いですが、枚数はポリキャップを含め7枚と、HGUCとしては標準的な分量です。

HGUC バーザム
HGUC バーザム
写真は多色成形のA1, A2ランナーです。
うーむ、HGUCで多色成形のランナーが2枚というのはかなり珍しいですね...。
(とはいえ、実は左の赤い部分以外は、同じパーツだったりします。)

HGUC バーザム
こちらは濃いブルーのBランナーです。
バーザムと言えばこの色が基本色ですね。

HGUC バーザム
写真は濃いグレーのCランナーです。

HGUC バーザム
そして写真はイエローのDランナーです。
バーザムは各部にこの色が使われていますが、これはちゃんと成型色で再現されているようですね。

HGUC バーザム
写真はグレーのEランナーです。
このランナーは関節のパーツがメインのようですが、平手が左右セットで付いているのがなかなかです。

HGUC バーザム
最後はポリキャップ(PC-002)、サーベル(SB-13)そしてシールです。
シールはセンサーなどかなり少ないので、このバーザムはほぼ成型色で色分けされていることを期待します。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(8) | トラックバック (0)

HGUC バーザム その2

HGUC バーザム @ 2017年6月14日

さて、今日から「HGUC バーザム」の作製開始です。まずはいつものように足先から...

HGUC バーザム
写真は「HGUC バーザム」の足先のパーツです。
足先は片側で7個とHGUCとしてはちょっと多めのパーツが使われています。

ということで、これらのパーツを組み立てると...

HGUC バーザム
写真のバーザムの足先となりました。
うーむ、足のサイズは大きめですが、足の幅はかなりコンパクトですね。

HGUC バーザム
写真はバーザムの足先を横から見たところです。
足先はこの状態から...

HGUC バーザム
写真のように、つま先を折りたたむことができます。
(ちなみに、逆方向には曲がらないようです。)

HGUC バーザム
写真は足の裏側です。
これを見ると、足の裏までディテールが再現されていて、HGUCではよく見られる肉抜き穴は無いことがわかります。(フタのようなパーツがあります。)
まだ足先だけですが、ここだけ見てもこのバーザムは良キットの予感がします。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(8) | トラックバック (0)

HGUC バーザム その3

HGUC バーザム @ 2017年6月16日

今日は「HGUC バーザム」の脚部の組み立てを行いました。

HGUC バーザム
写真は「HGUC バーザム」の脚部のパーツです。
脚部は片脚で20個のパーツが使われており、両脚で計40個とかなりのボリュームがあります。

ということで、これらのパーツを組み立てると...

HGUC バーザム
写真のバーザムの脚部となります。
うーむ、パーツ数が多いこともあって、かなり細かに色分けされてますね...。

HGUC バーザム
写真は脚部を横から見たところです。
(ヒザの赤い三角形はシールで再現です。)
この状態からヒザを曲げると...

HGUC バーザム
写真のところまで曲がります。
脚が太くてでも、可動はなかなか良好です

HGUC バーザム
こちらは脚の内部構造です。
この状態から...

HGUC バーザム
ヒザを曲げると写真のようになります。
これを見ると、内部的にはヒザはほぼ180度曲がっているのですね。
そして...

HGUC バーザム
脛と足首のパーツも写真のように可動するようになっています。

HGUC バーザム
写真は曲げた状態のヒザ関節のアップです。
ヒザ関節はグレーのパーツが内蔵されており、可動によってこのパーツが外に飛び出すようになっています。この状態だと大腿部にスキマができるのがちょっと気になります。

HGUC バーザム
さて、脚部に足先をドッキングするとこんなカンジになりました!

HGUC バーザム
まだ脚部だけですがポーズを付けてみました。
まだ半分も組み立てていませんが、ここまで見る限りこのバーザムは色分けや可動など、なかなかよくできてますね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(11) | トラックバック (0)

HGUC バーザム その4

HGUC バーザム @ 2017年6月17日

今日は「HGUC バーザム」の腰部の組み立てを行いました。

HGUC バーザム
写真は「HGUC バーザム」の脚部です。
うーむ、これは...。腰部としてはかなり独特な形状をしていますね。
また股間部分は複雑な形にもかかわらずきちんと3色に色分けされています。
(この丸いポッチは一体ナニ?)

HGUC バーザム
写真は腰部を横から見たところです。
この状態から...

HGUC バーザム
胸への接続用ジョイントは2軸で可動します。
また股関節の軸は、ある程度左右に回転する機構が内蔵されています。

HGUC バーザム
写真は腰部の内部構造です。
外からでは分かりにくいですが、股関節の軸は写真のような構造なので回転するわけですね。

HGUC バーザム
さて、腰部に脚部をドッキングするとこんなカンジになりました!

HGUC バーザム
写真は脚部を曲げた状態です。
この状態だと、腰と脚部にシリンダーが露出して、いかにもメカっぽくていいですね。
さて、このバーザムは股関節の可動が普通のMSとはちょっと違うので...

HGUC バーザム
写真のように脚を真横に開脚することが可能です。

HGUC バーザム
股関節は写真のように複数箇所が可動するのですが、こんな可動がなぜ必要なのでしょうね?


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(18) | トラックバック (0)

HGUC バーザム その5

HGUC バーザム @ 2017年6月19日

今日は「HGUC バーザム」の胸部の組み立てを行いました。

HGUC バーザム
写真は「HGUC バーザム」の胸部です。
胸部は前後と左右のブロックに分かれていて、これに前回の腰部のパーツをサンドイッチする構造になっています。
(中央下部の赤いマークはシールで再現です。)

HGUC バーザム
写真は胸部の裏側です。
これを見ると胸部中央に丸い窪みがありますが、ここに腰部のジョイントが接続されます。

HGUC バーザム
さて、胸部の可動箇所はというと...

HGUC バーザム
肩関節は写真のように上に可動します。
また首もある程度ですが、可動するようになっています。

ということで、胸部を下半身とドッキングすると...

HGUC バーザム
こんなカンジになりました!
うーむ、黄色いパーツが結構複雑な形状ですが、これがきちんと成形色で色分けされているのは、なかなかスゴイですね。

HGUC バーザム
写真はバーザムの背中側です。
リアアーマーに相当する部分は、写真のように背中と一体化しているのが、ちょっと珍しいです。

HGUC バーザム
さて、次回はここに頭部が乗っかります。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

HGUC バーザム その6

HGUC バーザム @ 2017年6月20日

今日は「HGUC バーザム」の頭部などの組み立てを行いました。

HGUC バーザム
写真は「HGUC バーザム」の頭部です。
うーむ、頭の上のトサカがななり長いですね...。
いつもなら、もう少し頭部がアップになるのですが、このサイズだと顔が小さくなってしまいます。

HGUC バーザム
ということで写真は顔部分のアップです。
このバーザムはモノアイ自体は結構大きめですが、奥まったところに付いているため、外からはあまり目立たない作りになっています。

HGUC バーザム
写真は頭部を横から見たところです。
と、トサカ部分はただ長いだけでなく、かなりの幅があることがわかります。
取説によるとこのトサカはアンテナのようですが、これだけ立派ならかなりの高性能なのでしょうね。

HGUC バーザム
こちらはバーザムの後頭部です。
中央のグレーの六角形はシールで再現となっています。

HGUC バーザム
続いて、今回はもう一つということで、写真はバックパックです。
バックパックは下部の黄色い部分まで、成型色で再現されています。

HGUC バーザム
こちらはバーニアノズル部分のアップです。
これを見ると、ノズル内部にはまるでスクリューのようなディテールが刻まれています。

さて、これらをバーザムに取り付けると...

HGUC バーザム
こんなカンジになりました!

HGUC バーザム
写真はバーザムの後ろ姿です。
バックパックは胴体と一体化したデザインになっているのが、いいですね!

HGUC バーザム
写真は頭部付近のアップです。
このバーザムは取説によると全高24.2mとカタログスペックではかなり大型のMSに思えますが、実はトサカで身長詐称?していると思えるのは気のせいでしょうか...。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック (0)

HGUC バーザム その7

HGUC バーザム @ 2017年6月21日

今日は「HGUC バーザム」の腕部の組み立てを行いました。

HGUC バーザム
写真は「HGUC バーザム」の腕部です。
バーザムの腕は上腕が下に広がっていて、かなり独特な形状をしています。

HGUC バーザム
写真は腕部を横から見たところです。
これを見ると、黄色やグレーなどかなり細かなところまで成型色で色分けされていることが分かります。

さて、気になるヒジの可動はというと...

HGUC バーザム
写真のところまで曲がります。
そして...

HGUC バーザム
写真のように前腕はグレーの箇所が可動するようになっています。

HGUC バーザム
写真はバーザムの腕の内部構造です。
ヒジはオーソドックスな2重関節なので...

HGUC バーザム
写真の位置までヒジが可動します。

HGUC バーザム
また、先程の前腕は写真のような構造となっていて、前腕内部の円筒形の部分が関節となっていてここが可動します。

HGUC バーザム
あと、前腕の青い部分を外すと、内部にサーベルの持ち手が収納されています。
前腕がやけにデカいと思ったら、ここはサーベルラックになっているのですね。

ということで、腕部をバーザム本体とドッキングすると...

HGUC バーザム
HGUC バーザム
こんなカンジになりました!
うーむ、前腕が大きくて上腕が細いせいか、腕がゴリラのように太く見えますね。

HGUC バーザム
先程の前腕部の可動を使うと、腕が弧を描くように自然な感じで可動します。
そして、肩関節を目一杯使うと...

HGUC バーザム
写真のように腕を真上にバンザイすることができます。
最近のキットはなぜか、肩が真上に上がるものが多いですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック (0)

HGUC バーザム その8

HGUC バーザム @ 2017年6月22日

今日は「HGUC バーザム」に付属の武器類の組み立てを行いました。

HGUC バーザム
写真は「HGUC バーザム」の残りの付属品です。
右上がビームライフル、その下がバルカンポッドシステム、ビームサーベルに平手が付属しています。

HGUC バーザム
HGUC バーザム
写真は頭部に取り付けるバルカンポッドシステムです。
バルカンポッドは僅か2パーツ構成ですが、細部まで凝った作りになっています。
(赤い部分はシールで再現です。)

HGUC バーザム
写真は付属のビームライフルです。
(グレーのパーツは差し替え式で長短が選択可能です)
うーむ、この武器はライフルというよりはシールドのように見えますね...。
しかし...

HGUC バーザム
正面から見ると、センサーや発射口のようなディテールがあるので、ライフルで間違いないようです^^;。

HGUC バーザム
で、こちらは定番のビームサーベルです。

HGUC バーザム
最後は付属の平手です。
このマニピュレータですが、かなりの大きさでMG並みのサイズがあります。

HGUC バーザム
さて、写真はビームライフルとバルカンポッドを装備したところです。

HGUC バーザム
バルカンポッドは写真のように頭部横に取り付けます。
(この装着方法はMk-IIと同じです。)

HGUC バーザム
HGUC バーザム
写真はビームライフルを構えたところです。
ビームライフルは手の上に持つのではなく、サイドのグリップを掴むのが変わってますね。

HGUC バーザム
HGUC バーザム
こちらはビームサーベルを構えたところです。
このバーザムは前腕に可動部があるので、武器を手に持った時の自由度が高くていい感じです。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(5) | トラックバック (0)
copyright gunplablog.com