ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC ジムカスタム その1

HGUC ジムカスタム @ 2011年1月26日

さて、ベアッガイ、メガサイズシャアザク、ノーベルガンダムとちょっと変わったキットが続きましたが、今回は質実剛健?なキット「HGUC ジムカスタム」を作製したいと思います。

HGUC ジムカスタム
ということで写真は「HGUC ジムカスタム」のパッケージです。
うーむ、初代のジムから比べると随分とカッコよくなってますね。

では、さっそくパーツをチェックしてみましょう!

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」の全てのランナーです。
このジムカスタム、他のジムの流用パーツが多そうですが実は...

HGUC ジムカスタム
Dランナーの一部がジムとなっているだけで、それ以外のランナーは全て「ジムカスタム」のタグが付いているので、ほとんどのパーツが新規モノのようです。

HGUC ジムカスタム
写真は多色成形のAランナーです。
ジムの特徴であるバイザーはちゃんとクリアパーツで再現されているようです。

HGUC ジムカスタム
こちらはグレーのBランナーです。このランナーには、シールドや武器などのパーツが収められています。

HGUC ジムカスタム
写真は、薄いブルーのCランナーです。
このランナーは同じものが2枚付いています。

HGUC ジムカスタム
これが、ジムと共通となっているDランナーで、ABS樹脂性となっています。

HGUC ジムカスタム
こちらは「HG MP-1E」というタグが付いているランナーです。
このランナー、初めて見るような気がしますが、タグ名に汎用的な記号が使われている所を見ると、今後ジム系のキットには標準で付いてくるのでしょうか?(平手が左右とも付いているのはウレシイです。)

HGUC ジムカスタム
最後は、ポリキャップ、ビームサーベル、シールです。
ジムといえば、ビームサーベルは1本というのが普通ですが、取説を見る限りやはりジムカスタムもそうなっています。(ということで、1本は余剰パーツになります。)

さて、このジムカスタム、今までのジムのほぼ流用キットかと思っていましたが、かなりの部分が新規パーツとなっているので、他のジムとどういう違いがあるのかが楽しみです。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC ジムカスタム その2

HGUC ジムカスタム @ 2011年1月27日

さて、今日から「HGUC ジムカスタム」の作製開始です。まずはいつものように足先から...

HGUC ジムカスタム
ということで写真は「HGUC ジムカスタム」の足先(片足分)のパーツです。
うーむ、HGUCにしては結構細かくパーツ分けされてますね。

さて、これらのパーツを組み立てると...

HGUC ジムカスタム
写真のようになりました!
薄いブルーの外装がなかなか渋いですな。

HGUC ジムカスタム
写真は足の裏側です。
足の裏側にはガンダムと同じく、バーニアが2基内蔵されています。

HGUC ジムカスタム
足を横から見たところです。
この状態から...

HGUC ジムカスタム
足首部分は写真のように、若干ですが可動するようになっています。
ちなみに、アンクルアーマーの丸い部分がちゃんと別パーツで色分けされているのは、さすが最新のHGUCですね。(昔なら、部分塗装でカバーが必要でした)

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC ジムカスタム その3

HGUC ジムカスタム @ 2011年1月29日

今日は「HGUC ジムカスタム」の脚部の組み立てを行いました。

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」の脚部です。
このジムカスタムの脚部は、足首の後ろ側に合わせ目がありますが、それ以外はうまくパーツ分割されていて、正面や横から見る分には大丈夫な作りとなっています。

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」の脚部を横から見たところです。
気になるヒザの可動範囲はというと...

HGUC ジムカスタム
写真のように、90度とちょっと曲がります。
ちなみに、バーニア部分はHGUCではさすがに色分けされていないようです。(このあたりRGだとちゃんとカバーされるのでしょうね。)

HGUC ジムカスタム
脚部に足先をドッキングすると、こんなカンジになります。
うーむ、普通のジムに比べると、ヒザアーマーがかなり大型のような気がします。

HGUC ジムカスタム
脚部を可動させポーズを付けてみました。
こうして見ると、足先の足首部分が可動するので、前方への可動はかなり広くなっています。やはり最新のHGUCは、よく出来ていますね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC ジムカスタム その4

HGUC ジムカスタム @ 2011年1月30日

今日は「HGUC ジムカスタム」の腰部の組み立てを行いました。

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」の腰部です。
ジムなのにフンドシ部分にガンダムと同じ、Vマークがあるのがジムらしくありませんが、このVマークはシールで再現となっています。(凹凸があるのでキレイにシールを貼るのは難しいです。)

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」の腰部を斜め後ろから見たところです。
後方にもフロントアーマーと同じような四角い部分があります。

HGUC ジムカスタム
腰部を下から見たところです。
この角度からみると後方に2基のバーニアが見えますがこの状態から...

HGUC ジムカスタム
フロントアーマーと、サイドアーマーは写真のように可動します。
また、中央の四角い部分はフタのようなパーツが外れて、ディスプレイベース用の穴が現れます。

HGUC ジムカスタム
HGUC ジムカスタム
腰部に脚部をドッキングするとこんなカンジになります。
うーむ、色はジムの弱グリーンですが、形はほとんどガンダムなので、強いのか弱いのか分かりにくいですが、自分的には強そうに見える気がします。

HGUC ジムカスタム
HGUC ジムカスタム
脚部にポーズを付けてみました。
股関節と足首の関節が球体になっているので、前後の可動だけでなく、結構足を開くこともできるのがなかなかです。これなら、かなり大胆なアクションもできそうですね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC ジムカスタム その5

HGUC ジムカスタム @ 2011年1月31日

今日は「HGUC ジムカスタム」の胸部の組み立てを行いました。

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」の胸部です。
エアインテークやコックピットハッチなどがちゃんと色分けされているのはなかなかよく出来ています。

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」の胸部を横から見たところです。
この状態から...

HGUC ジムカスタム
肩関節は写真のところまで可動します。
また、首は例のポリキャップが使われていて、写真のように前後に動きます。

HGUC ジムカスタム
こちらはバックパック付近です。
これを見るとかなり大型のバーニアが付いているので、いかにも高機動そうに見えます。

HGUC ジムカスタム
HGUC ジムカスタム
胸部に下半身をドッキングするとこんなカンジになります。
と、色は別にして形はやはりガンダムにかなり近いですね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC ジムカスタム その6

HGUC ジムカスタム @ 2011年2月 1日

今日は「HGUC ジムカスタム」の頭部の組み立てを行いました。

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」の頭部です。
ジムなのでカメラ部分はバイザータイプですが、ここにはオレンジ色のクリアパーツが使われていて、なかなかカッコいいです。

HGUC ジムカスタム
「HGUC ジムカスタム」の頭部を横から見たところです。
側面には縦に合わせ目が走っているのがちょっと残念です。

HGUC ジムカスタム
ジムカスタムの後頭部です。
アンテナは写真のように後頭部左に1本だけ付いています。

HGUC ジムカスタム
これで頭部が付いて、やっとジムらしくなってきました!
(ジムかガンダムかは顔で判断ですな^^;)

HGUC ジムカスタム
頭部付近のアップです。
このジムの頭部はとことなく、中世の騎士の鉄仮面のように見えるのは気のせいでしょうか...。

さて、前回のエントリーのコメントで、ゲート処理の話題が出ていましたが、自分は基本的にニッパでパーツを切った後、アートナイフでゲート処理をしています。(ということでヤスリはもう何年も使っていません。)アートナイフでゲートを切る際にはゲートが太い場合、1回で切ると切断面がえぐれてしまう可能性があるので、ほんの少しだけ(0.5mmくらい?)残してゲートを切った後、残りをもう一回アートナイフで切るようにしています。このあたり、ある程度慣れが必要ですが、何回もやっていれば自然とうまくなると思います。あっ、そうそう、自分はアートナイフのお供に、いまだにカマボコ板を使ってますが、これはもう手放せない状態です^^;。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC ジムカスタム その7

HGUC ジムカスタム @ 2011年2月 2日

今日は「HGUC ジムカスタム」の腕部の組み立てを行いました。

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」の腕部です。
腕は全体が弱グリーンですが、肩アーマーのスラスターはちゃんと赤で色分けされています。
またヒジの穴はシールドのマウント用でしょうか...

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」の腕部を横から見たところです。
気になるヒジの可動はというと...

HGUC ジムカスタム
写真のようにかなりよく曲がります。
ちなみに、この状態は肩アーマーに引っかかっているので...

HGUC ジムカスタム
腕を回転させて肩アーマーに干渉しないようにすると、写真のように180度曲がります。
少し前のHGUCでは可動範囲を競って、180度可動するキットが多い時期がありましたが、最近はプロポーションを意識してか、90度ぐらい曲がるキットが主流となっています。ということで、写真のようなキットを見るのはちょっと懐かしいカンジがします^^;。

HGUC ジムカスタム
さて、腕を胴体に取り付けると写真のようになります。
いやぁ、肩アーマーが大きいので初代ジムと違って、どこか強そうですな。

HGUC ジムカスタム
さて、これでマニピュレータを付ければ本体は完成です。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC ジムカスタム その8

HGUC ジムカスタム @ 2011年2月 3日

今日は「HGUC ジムカスタム」のマニピュレータの組み立てを行いました。

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」に付属しているマニピュレータですが、いやぁこれはなかなかスゴイ数が付いてますな。
上段左から握り手左右、ビームサーベル用、ライフル用
下段は左から手首が可動する平手、そして左右平手となっています。

HGUC ジムカスタム
写真は「MP-1E」というランナーに付いていたマニピュレータのアップです。
これはアップにも耐える、なかなかハイディテールな作りになっています。

HGUC ジムカスタム
そしてこちらは、手首の関節が可動するタイプのマニピュレータです。
MGではここが可動するのは普通ですが、HGUCでも徐々にこういったタイプが増えるといいですね。

HGUC ジムカスタム
さて、写真はジムカスタムに付属しているビームサーベルです。
これらは2組ありますが装備できるのは1本です。(サーベル1本は元祖ジムからの特徴ですね^^;)

HGUC ジムカスタム
さて、マニピュレータとビームサーベルをランドセルに取り付けて、ついに本体の組み立ては完了です!

HGUC ジムカスタム
ビームサーベルを構えたところです。
やはりいろいろなハンドパーツが付いているのはいいですね。
ということで、ここはやはり...

HGUC ジムカスタム
コマネチ!

うーむ、平手が付いているのはいいものだ...

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC ジムカスタム その9

HGUC ジムカスタム @ 2011年2月 4日

今日は「HGUC ジムカスタム」の武器などの組み立てを行いました。

HGUC ジムカスタム
写真は「HGUC ジムカスタム」に付属しているジムライフルとシールドです。
このジムライフルはビームライフルではなく、90mmの実体弾を発射する武器だそうです。
あと、シールドはどこかで見たような気がしますが、それもそのはずジムコマンド用のシールドを改良したものが使われているようです。

HGUC ジムカスタム
写真はシールドの裏側です。
こちらからみると、シールドの裏側はブルー1色ですが細かく設定通りにするなら、中央部分をグレーで部分塗装する必要がありそうです。

HGUC ジムカスタム
さて、これらをジムカスタムに装備すると写真のようになります。

HGUC ジムカスタム
写真は、ジムライフル周辺のアップです。
これを見ると、ジムライフル用の手首は微妙に斜めに角度が付いています。これはライフルのマガジン部を逃がすためにこうなっているのですが、なんとなくライフルが不自然に斜めに向いているように見えてしまうのは気のせいでしょうか...

HGUC ジムカスタム
写真はシールドの取付部分です。
シールド上部が出っ張っている肩アーマーと干渉しそうですが、シールド上部にちょうど切りこみがあるので、ここもうまく逃げるようになっています。

HGUC ジムカスタム
シールドで身を守りながらジムライフルを構えたところです。
うーむ、組み立てるだけでこの完成度とは...。最近のガンプラはよく出来ていますね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC ジムカスタム その10

HGUC ジムカスタム @ 2011年2月 6日

今日は「HGUC ジムカスタム」に部分塗装を行いました。

HGUC ジムカスタム
ということで現在「HGUC ジムカスタム」は写真の状態になっています。

このジムカスタムで部分塗装が必要なのは主に、バーニアやスラスター周辺部です。

HGUC ジムカスタム
ということで、写真のヒザや脚の内側のスラスターを周囲を赤で内部を黒で部分塗装したり...

HGUC ジムカスタム
バックパックのノズルも同様に塗装を行いました。

HGUC ジムカスタム
あと、ちょっとですが頭部の左右の黒い部分も部分塗装が必要です。

HGUC ジムカスタム
最後に、今回は取説に色分けの写真がしっかり載っていたので、足の裏側も写真のように塗り分けてみました。さすがに、ここは面倒でかつ、立たせると見えなくなってしまうので、まあ普通ならパスするのがいいかもしれませんね^^;。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC ジムカスタム その11

HGUC ジムカスタム @ 2011年2月 7日

さて、今日でスミ入れとシール貼りも終わり、ついに「HGUC ジムカスタム」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

HGUC ジムカスタム
まずは基本の立ちポーズ正面です。
このジムカスタムにはマーキングシールが付いているのですが、特にどこに何を貼るという指定は無いようなので、よさそうな部分に適当に貼りました。(機体番号はやはり01番です^^;)

HGUC ジムカスタム
HGUC ジムカスタム
「HGUC ジムカスタム」立ちポーズサイドビューです。
装備は右手にライフル、左手にシールドとスタンダードなものになっています。(さすが量産機、期待の星?ジムですね。)

HGUC ジムカスタム
「HGUC ジムカスタム」立ちポーズリアビューです。
後ろ側からみると、全体がほぼ弱グリーンとなっています。

HGUC ジムカスタム
上半身のアップです。
うーむ、これがジムというのは信じられない、かっこ良さですな。

HGUC ジムカスタム
バックパック付近です。
取説によるとこのジムカスタムには、NT1アレックス用に開発されたパーツがふんだんに使われているのだとか...。これは中味的には、ジムの皮を被ったガンダムということになるのかな?

HGUC ジムカスタム
ジムライフルを構えたところです。
ジムライフルには堅実な実体弾が使われています。

HGUC ジムカスタム
こちらもジムライフルを構えたところです。
ここからはディスプレイスタンドを使っています。

HGUC ジムカスタム
ジムライフルを上に向けて撃つポーズを取ってみました。
このジムカスタムは結構頭部を上に向けることができます。

HGUC ジムカスタム
最後はビームサーベルを構えたところです。
(ランドセルにもサーベルがささっているのは気にしないように^^;)

HGUC ジムカスタム
このジムカスタム、「特徴が無いのが特徴」ということですが、地味というわけでもなく結構目立ってますね^^;。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC ジムカスタム まとめ

HGUC ジムカスタム @ 2011年2月 8日

ジムカスタムは、OVA「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」および、劇場版「機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光」などに登場する量産型モビルスーツである。このジムカスタムはジムの流れをくむジム系のMSであり、性能のトータルバランスの改善を図り、ジェネレーター出力の向上や各部推進装置の強化などが施されている。ジムカスタムにはNT1(アレックス)用に開発されたパーツがふんだんに盛り込まれており、オーガスタ系MSとしても屈指の高性能機となっている。そのためか、本機は主にエース級のパイロットが搭乗する機体となっている。

さて、キットのデキはというと
 ・ジム系の流用パーツは意外に少なく、多くは新規に設計!
 ・最新のHGUCだけあって、可動範囲も広くポーズが決まる。
 ・マニピュレータはなんと7個も付属。ウレシイ両平手付き!
 ・ジムなのにジムとは思えないカッコ良さ^^;
 ・HGUCなのにマーキングシールも付いている。

となっている。
ジムといえば、多くのバリエーションを持つ機体であるが、HGUCにまた新たなジムの歴史が加わった。この機会に、ぜひいろいろなジムを並べて比べてみることをオススメする!


・塗装必要個所
ほぼ設定通りの色分けで、付属のシールを貼ればそのままでも大丈夫。
ただし、設定どおりにしようとするとスラスターやバックパックなど以下の部分塗装が必要
 ・バーニア、スラスター内部(レッド)
 ・バックパック上部(グレー)
 ・シールドの裏側(グレー)
あたりの塗装が必要。
なお、腰のV字マークは、シールで再現となっているが、うまく貼れない場合は、部分塗装するのもいいかもしれない。


・スネ等パーツ分割が工夫されているため、合わせ目が目立たない部分がある反面結構合わせ目が目立ってしまう部分がある。
合わせ目があるのは
 ・前腕
 ・足首の後ろ側
 ・肩アーマー
 ・ジムライフル
 ・頭部
など。

・武器、付属品
ジムライフル
ビームサーベル×2(刀身はクリアピンク成形、1本は余剰パーツ)
シールド
握り手左右、手首が可動式の握り手右、銃持ち手(右)、左右平手、ビームサーベル用右手
HGUCにしては珍しくマーキングシールが付属。

・可動
可動に関してはかなり優秀。
特徴をあげると
 ・ヒジはABSによる二重関節。ほぼ180度曲げることができる。
 ・ヒザも同様に2重関節だが、こちらは90度とちょっとの可動。
 ・肩は引き出し式でアーマーを含めて前後に可動。
 ・つま先部分に前方への可動部分がある。

■おまけ

○フルバーニアンとジムカスタム

HGUC ジムカスタム
アニメで友軍機であったフルバーニアンと並べてみました。
ジムカスタムはジムとしては派手なほうですが、やはりガンダムと並べると地味に見えるから不思議です。(まあ、ガンダムが赤、青、黄と信号機のように目立つカラーリングだからでしょうが...)

○ジムの系譜

HGUC ジムカスタム
ジムカスタムの後継機である、ジムクゥエルと並べてみました。
こうしてみると、腰アーマーの形など(V字マークとかも)全体的にそっくりですね。
(肌の色は違うけど、ほとんど双子の兄弟といったところでしょうか...。)

HGUC ジムカスタム
そして、ジムカスタムの遙か遠い?ご先祖さまの初代ジムと並べてみました。
うーむ、これは...。これが同じシリーズというのはやはり信じられませんね。

といいつつ、私は初代ジムはとても好きですよ^^;。
弱ければ、大群で行けばいいんだ。今ならボールも2機付けてア・バオア・クーへGo!

B004ANBDG8HGUC 1/144 RGM-79N ジムカスタム (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)
バンダイ 2011-01-22

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)
copyright gunplablog.com