ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC RGM-79FP ジムストライカー その1

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月10日

 さて、ストライクフリーダムという大物の作製が終わってひと段落ですが、今月はジムクゥエルが発売されます。ジムは結構作ってきたのですがそういえば、まだHGUCジムストライカーを作っていませんでした。ジムは集めてみるといろいろと楽しめるので今回は、ジムストライカーを作ってみることにします。

HGUC ジムストライカー
ということで写真はジムストライカーさんのパッケージです。なにやら変わった武器をもっていますが、これはツインビームスピアという名前のようです。まあ、ガンダムのビームジャベリンのようなものですかね?

HGUC ジムストライカー
写真はパッケージ裏の広告エリアです。

「ガンダムから始まったジムシリーズの発展」

ということで、元祖ジム、ジムコマンド寒冷地用、ジムコマンド宇宙用、パワードジムと各種ジムが宣伝されています。でも、普通のジムコマンドが載っていないのはなんででしょうね...。

さて、ではさっそく部品をチェ~ックしてみましょう。

HGUC ジムストライカー
ということで写真はジムストライカー全てのランナーです。うーむ、さすがジム!性能もですがランナー数も平均的な数となっております^^;

HGUC ジムストライカー
写真は多色成型のランナーです。

HGUC ジムストライカー
ジムのバイザー部はちゃんとクリアパーツとなっています。最近のHGUCではもはや標準ですね。

HGUC ジムストライカー
今回唯一ともいえる、ジムと共通のランナーです。実はこのジムストライカーは、ジムとかなりのパーツを共有しているかと思いきや、このパーツ以外のほとんどのランナーがジムストライカー専用となっています。

HGUC ジムストライカー
HGUC ジムストライカー
写真は緑色のランナーですが、ここには主に追加装甲のパーツが収められています。パーツには結構細かなモールドが施されているのがわかります。

HGUC ジムストライカー
写真はグレーのパーツです。

HGUC ジムストライカー
写真はビームサーベルと、シールです。
うーむ、ジムなのにビームサーベルが4本もついている...。ジムと言えばコストダウンのためビームサーベルは1本というイメージがありますが、このジムストライカーはなかなかの豪華さです。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC RGM-79FP ジムストライカー その2

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月11日

今日はまず最初に「HGUC ジムストライカー」の足先を作製しました。

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」の足先です。
うーむ、色が割と明るいオレンジと、濃い緑色というのはなんとも変わった組み合わせのような気がします。
しかしやっぱりこの足は、パワードジムのものと良く似ているような...。

HGUC ジムストライカー
ということでパワードジム(右)とジムストライカー(左)の足を並べてみました。
足の裏側から見る限り、デザイン等まったく同一のようですね。しかし...

HGUC ジムストライカー
こちら側からみると、アンクルアーマーやスリッパ?の部分など結構デザインが変わっていることが分かります。(アンクルアーマーはガンダム同様に前方しかカバーしてませんね)

HGUC ジムストライカー
ちなみにジムストライカーの足首部分は写真のように少しだけ可動するようになっています。この可動機構はパワードジムとまったく同じパーツとなっています。

ここまで見てきてどうやらジムストライカーは、可動部分だけはパワードジムと同じパーツで装甲部分は新規のパーツになっているようなカンジです。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC RGM-79FP ジムストライカー その3

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月12日

今日は「HGUC ジムストライカー」の脚を作製しました。

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」の脚です。
うーむ、脚全体がプロテクターに覆われていてこれはかなりゴツイ印象です。モールドもかなり多い...。そして色分けは、ヒザの部分のオレンジ色はシールで再現となっていますが、片脚で5枚のシールを貼るようになっているので結構シールが多めです^^;。シールの形状も複雑なのでここは慎重に貼りましょうね。

さて、ではさっそくヒザ関節の可動範囲をチェックしてみましょう~♪

HGUC ジムストライカー
写真はジムストライカーのヒザを限界まで曲げたところです。脚がゴツイ割には結構曲がります。HGUCならこれだけ曲がればナカナカ優秀です。

HGUC ジムストライカー
さて、足先をドッキングするとこんなカンジになります。
脚の後ろ側には、スラスターも付いていてジムなのに高性能そうに見えます。

HGUC ジムストライカー
写真は、ジムストライカーの脚を前後に可動させてみたところです。ヒザも良く曲がりますが足首も意外と可動範囲が広いのでこんな前傾ポーズも取ることができます。
それはそうと、腿の部分は元祖ジムの弱グリーンっぽい色なのがいいですネ。弱そうで...^^;

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC RGM-79FP ジムストライカー その4

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月13日

今日は「HGUC ジムストライカー」の腰を作製しました。

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」の腰です。
うーむ、腰も全体がプロテクターで覆われていてなかなか防御力は高そうです。なお、オレンジのラインはシールで再現となっております。

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」の腰を下から見たところです。写真の通りアーマーはフロント、リア、サイドの一般的な構成になっていて、リアアーマー以外は可動するようになっています。また、後ろ側に2基のバーニア、そして股間にスタンドに取り付けるための穴を隠すためのパーツが付いています。

HGUC ジムストライカー
フロントアーマーは左右が連動した状態になっていますが、写真を見て分かるように中央から切り離すだけで簡単に左右独立可動にすることができます。簡単なのでここは切り離しておきましょう。

HGUC ジムストライカー
ということで、腰を脚にドッキングすると写真のようになります。
これをみるとやはりこのジムストライカーは、スマートというより、

「どっしりとした」

印象をうけますネ。やっぱり、農耕系モビルスーツだけのことはある...^^;

HGUC ジムストライカー
とはいいながら、さすがに最新のHGUCだけあって可動はなかなかスバラシイものがあります。写真のように立ちヒザも大丈夫!緑の働き者、ジムストライカーはダテじゃない!

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC RGM-79FP ジムストライカー その5

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月14日

今日は「HGUC ジムストライカー」の胸部を作製しました。

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」の胸部です。
うーむ、胸にも追加装甲が付いていますが、胸のエアインテークや首の部分など、パワードジムよりも元祖ジムに近い感じがします。なお、コックピットの赤い部分はシールで再現となっております。

HGUC ジムストライカー
このジムストライカーの肩の軸は多少ですが、写真のように前後に可動するようになっています。

HGUC ジムストライカー
ということで、胸部を腰にドッキングするとこんなカンジになります。
緑にワンポイントのオレンジがなかなか、地味そうにみえてハデに見えますネ^^;。兵器としては戦場で結構目だってしまう配色です。全身が新緑ならあまり目立たないのでしょうけどね。

HGUC ジムストライカー
「HGUC ジムストライカー」を後ろから見たところです。
背中の丸い穴には、パワードジムよりもちょっと小型のバックパックが付く予定です。

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」上半身のアップです。
いやぁ、こうしてみると追加装甲のモールドが全身に渡ってありますね...。これはジムストライカーさんはスミ入れ練習用としては一番オススメのの機体かも知れませんね。いい意味で...。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC RGM-79FP ジムストライカー その6

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月15日

今日は「HGUC ジムストライカー」の頭部を作製しました。

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」の頭部です。
このジムストライカーの頭部は、ゴーグル部分はブルーのクリアパーツ、そして額中央の赤い部分と、口の部分のグレーはシールで再現となっています。また頭部の左右の赤い部分は、シールの余白を貼ってみました。

HGUC ジムストライカー
ジムストライカーの頭部を横から見たところです。
うーむ、頭部の前後で見事にツートンカラーになっていますが、これはなんとも珍しいカラーリングですね。

HGUC ジムストライカー
せっかくなのでパワードジムの頭部を横に並べてみました。色が違うのは別として、パワードジムとはバルカン砲が付いているのが一番の違いですね。やっぱりパワードジムは強化型~♪
でも、ジムストライカーのこの赤い部分はいったいなんなんだろう?やっぱり何かのセンサーなのかな...
HGUC ジムストライカー
さて、これでついに頭部が付きました。

HGUC ジムストライカー
ジムストライカーの頭部付近のアップです。
ジムストライカーは頭部の塗り分けが面倒ということですが、シールを使えばここまで再現できるので、細かいことは気にしない人はこれでも充分かもしれませんね^^;
ちなみに、頭部後ろのセンサー部は水色ですがここは、ストライクフリーダムのシールの余白を貼っておきました。シールの余白は意外と便利です。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC RGM-79FP ジムストライカー その7

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月16日

今日は「HGUC ジムストライカー」の腕を作製しました。

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」の腕です。
うーむ、ここも全体的に追加装甲のモールドが施されています。なお、オレンジのラインはシールで再現となっております。
さて、ではヒジの可動範囲をチェックしてみましょう~♪

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」のヒジを限界まで曲げてみたところですが、ヒジが2重関節になっているので180度近くまで曲がります。ここまで曲がるならきっとあのポーズも再現できるに違いない...。

HGUC ジムストライカー
さて、今度はマニピュレータです。このジムストライカーには写真のように4種類のマニピュレータが付属しています。内訳は握り手が左右各1、ビームライフル用の右手が1、そして左の平手が1となっています。この中でも特に平手は手首が90度可動するようになっているスグレものです。どうせなら全てのマニピュレータがこうなってくれると嬉しいのですけどネ。

HGUC ジムストライカー
ということで、とうとう腕が付いて5体満足になりました!
これであとはバックパックを付ければ本体は完成です。

HGUC ジムストライカー
さてこのジムストライカーは、手首が90度可動するのでこの、写真のように「ちょっと待った!」又は「違う!犯人はオレじゃない(-_-;)」のポーズも出来てしまいます。やっぱり手首の関節があるのとないのでは、随分と印象が違いますよね。両手がこうなっていれば、ガンキャノンみたいなポーズ「orz」 も取れるのに...ちょっと残念です。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC RGM-79FP ジムストライカー その8

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月17日

今日は「HGUC ジムストライカー」のバックパックを作製しました。

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」のバックパックです。
大型のバーニアが4基もついているのでなかなか機動力はありそうです。そして、ジムらしくビームサーベルが1つだけマウントされています。ちなみに中央上部から出ている円筒形の物体は一体何なんでしょうね?まさか、ただの飾り?

HGUC ジムストライカー
「HGUC ジムストライカー」のバックパックを横からみたところです。
横の黄色い部分はシールで再現なのですが、凹凸が結構あるのでそのまま貼るとかなりシールっぽさ満点になってしまいます。ただここは部分塗装するにしても、成型色が黒に近い色なので明るい黄色を塗るには何か下に塗っておかないといけませんね。

さて、ではこのバックパックをさっそくジムストライカーさんの背中に装着してみましょう~♪

HGUC ジムストライカー
写真の、少し寂しい背中にバックパックを装着すると...

HGUC ジムストライカー
こんなカンジになります。
いやぁ~、これは結構大型のバックパックですね。

HGUC ジムストライカー
ということで、バックパックも付いてジムストライカー本体の組み立ては完了しました!

さて、このジムストライカーはビームサーベルがちゃんと右手側に付いている(パワードジムはなぜか左に付いていましたね。)のでアノポーズができるに違いない!ということで...

HGUC ジムストライカー
ビームサーベルを抜くポーズを取ってみました。

HGUC ジムストライカー
HGUC ジムストライカー
このポーズがHGUCで再現できてしまうのは、何かスバラシイものがあります。特に昔の動かない?1/144のキットを作った世代の人にとってはホント嘘みたいな話です^^;)

「ええいっ!バンダイの技術はバケモノかっ!」

といいつつ、欲望は限りないので、バンダイさんにはHGUCスケールでのMG化をぜひ進めてもらいたいものです。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC RGM-79FP ジムストライカー その9

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月18日

今日は「HGUC ジムストライカー」の特徴的な武器であるツインビームスピアを作製しました。

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」の武器であるツインビームスピアです。
このツインビームスピアは、下の持ち手に上のビームサーベルを2本マウントするような構造になっています。ということでビームサーベルをはめてみると...

HGUC ジムストライカー
こんなカンジになります。
うーむ、ビームサーベルに持ち手が付いているのでこれはかなり長い武器ですね。まるでガンダムのビームジャベリンみたいです。

HGUC ジムストライカー
さて写真はツインビームスピアを拡大したところですが、ここは実は可動するようになっていて...

HGUC ジムストライカー
写真のようにマウントしたビームサーベルの角度を変えられるようになっています。なるほど!

では早速このツインビームスピアをジムストライカーさんに持たせてみましょう~♪

HGUC ジムストライカー
ということでツインビームスピアを持たせてみました。うーん、やっぱりこれはかなり長い武器です。これなら接近戦でかなり有利なヨカン...。

HGUC ジムストライカー
ツインビームスピアを両手持ちさせてみました。このポーズだとまさに

「ヤリを突いているカンジ」

がしますね。そういえばビームスピアには上で紹介した可動機構があるのでした。そこでビームスピアの角度を変えてみると...

HGUC ジムストライカー
って、ああっ~!こっこのポーズはまさに...

「畑を耕すお百姓さん!(´・ω・`; )」

ですね...。うーむ、恐るべし農耕MSジムストライカー...。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC RGM-79FP ジムストライカー その10

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月19日

今日は「HGUC ジムストライカー」の残りの武器類を作製しました。

HGUC ジムストライカー
写真は「HGUC ジムストライカー」の主力武器?である100mmマシンガンです。
このマシンガンは...

HGUC ジムストライカー
写真のように、後ろのパイプ部分と、持ち手が可動するようになっています。これはなかなか取り回しやすそうです。

HGUC ジムストライカー
次はMSには必須の武装であるスパイクシールドです。
このスパイクシールドはシールドの先端に尖ったスパイクがついてます。

HGUC ジムストライカー
そして、このスパイク部分が写真のように伸びて攻撃できるようになっています。
とはいいつつ、ほんのちょっとしか伸びないのでこの可動はあんまり意味が無いような気もしてしまいます。どうせならもっとたくさん伸びればいいのに...。

HGUC ジムストライカー
ということで、マシンガンとスパイクシールドをジムストライカーさんに装備してみました。
やはりジムは、マシンガン+シールドがよく似合いますね^^;。この状態なら誰からも「農耕ジム」とは言われないカッコよさです。

HGUC ジムストライカー
写真はマシンガンを両手持ちしたところです。
この状態でも、シールドがジャマにならないのはなかなかポイントが高いです。確かガンダムではビームライフル両手持ちの時は背中にシールドをしょってましたから...。それはそうとマシンガンを持っているときはツインビームスピアはどうやって携行するんでしょうね?もしかしてどちらか一方の選択式?

さて、これで全ての組み立てが終わりあとは部分塗装とスミイレを残すのみとなりました。次回でいよいよ完成の予定です!

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC RGM-79FP ジムストライカー その11

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月20日

さて、今日でスミ入れと部分塗装も終わり、ついに「HGUC ジムストライカー」が完成しました!ではその雄姿をご覧下さい!

HGUC ジムストライカー
まずは基本の立ちポーズ正面です。
全体的に濃いグリーンでなかなかシブイカラーリングです。
ちなみに、今回の部分塗装ではヒジとヒザの丸い部分は塗装せずにそのままとしました。(そいえばここはパワードジムも無塗装でした。)またツインビームスピアの持ち手とシールドの上部のパイプ部分はガンダムマーカーメッキシルバーで塗装してみました。

HGUC ジムストライカー
「HGUC ジムストライカー」立ちポーズサイドビューです。ツインビームスピアは、なかなかカッコいいです。

HGUC ジムストライカー
「HGUC ジムストライカー」立ちポーズリアビューです。

HGUC ジムストライカー
HGUC ジムストライカー
ツインビームスピアで攻撃するポーズです。この武器はかなりリーチが長いので、ヒートアックスとかを持ったザクなんかは敵ではなさそうです。やはり長いが一番~♪

HGUC ジムストライカー
今度は、100mmマシンガンを装備してみました。遠距離の敵はこれでOK!

HGUC ジムストライカー
スパイクシールドでの攻撃シーンです。スパイクはたいして伸びるわけではありませんが、シールドの重さがあるので素手?で殴るのに比べたらかなり威力がありそうです。

HGUC ジムストライカー
HGUC ジムストライカー
HGUC ジムストライカー
で、やっぱりやってみたい、ビームサーベルを抜くシーンです。とはいいつつ、ツインビームスピアがあるのでジムストライカーの場合はビームサーベルを使うことはほとんど無いのでしょうね...。

HGUC ジムストライカー
最後に、畑を耕すポーズ?をアッシマーさんのスタンドを使って空中で再現してみました!やっぱりジムはなかなか楽しいヤツです。^^;

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HGUC RGM-79FP ジムストライカー まとめ

HGUC ジムストライカー @ 2007年1月21日

ジムストライカーはは、アーケードゲーム「戦場の絆」で登場するモビルスーツであり、時代的にはファーストガンダムと同世代に存在した機体という設定になっている。取説によるとこの「ジムストライカー」は、

「実戦を経て練度を高めたエースパイロット向けに生産されたジムのカスタム機であり、RGM-79C後期型ジムをベースに格闘用バイザーとウェアラブルアーマーによる追加装甲、大推力ランドセルと脚部強化スラスターへの換装を行った。また、ビームスピアやスパイクシールドなど白兵戦に特化した武器が装備されている」

機体となっている。ただ、その特殊さから大きな戦果を残すことはできなかったらしい...orz


さて、キットのデキはというとこのキットは以前作製したパワードジムと基本的な構造はほぼ同じである。したがって腕は2重関節となっているなど可動に関してはなかなかの好キットとなっている。そしてこのジムストライカーの最大の特徴である、「ツインビームスピア」は他には類を見ないタイプの武器であり、一部では農耕ジムとの呼び方もされていたりするが実はなかなかのカッコよさである。アニメには登場しなかった本機であるが、ジム好きなお父さんはぜひ、元祖ジムや、ジムコマンド、そしてパワードジムと共に並べて飾ってみることをオススメする!


・塗装必要個所
ほぼ設定通りの色分けで、付属のシールを貼ればそのままでも大丈夫。部分塗装が必須なのは頭部左右の赤い部分であるがここはシールの余白を貼れば塗装せずにすむ。他には
 ・後頭部のセンサー(ブルー)
 ・バーニア周り(バーニア部シルバー、周囲黒)
 ・スピアーの握り部分のパイプ、シールド上部のパイプ(薄いグリーン)
 ・ヒジとヒザの丸い部分(薄いグリーン)
あたりの塗装が必要。

・パーツ分割が工夫されているため、合わせ目けしが必要なところはかなり少ない。
合わせ目消しが必要なのは
 ・胴体上半身
 ・2の腕
 ・武器類
ぐらいである。


・武器、付属品
ツインビームスピア(先端はビームサーベルでクリアピンク成形)
ビームサーベル×1
スパイクシールド
100mmマシンガン
握り手(左右)、右銃持ち手、左平手
股間にディスプレイベース用の取り付け穴あり。ただし、ディスプレイベースは付属しないので注意。(アッシマー用のスタンドが使用可)


・可動
可動に関してはパワードジムとほぼ同じなので非常に優秀。(詳しくはレビューを参照)
ざっと特徴をあげると
 ・ヒジはABSによる二重関節。ほぼ180度曲げることができる。
 ・ヒザも同様に2重関節だが、こちらは部品が干渉するので120度ほどの可動。
 ・肩は引き出し式でアーマーを含めて前後に可動。
 ・つま先部分に前方への可動部分がある。
 ・左平手は手首に可動部分がある
 ・ツインビームスピアは、2本のサーベルが連動して90°回転、農作業用の?クワみたいになる。
 ・スパイクシールドの先端のスパイクがちょっと伸びる。


■おまけ

「立てっ!5人の勇者たち!」

おれはジム、連邦軍の量産型MSだ。オレの宿敵はもちろんアイツ、ズゴック兄弟だ。

HGUC ジムストライカー
以前オレは仲間たちと大勢でズゴック兄弟と戦ったが、多くの仲間が奴らによって消えていった...。特に、兄のほうのシャアズゴックは凶悪でしかもハンパじゃなく強い!仲間の中には、腹に風穴を開けられたヤツもいたほどだ...。
ズゴック「へっへっへっ、俺たちの前に敵は無いぜ」
ジム「うぉっ!こりゃヤバイ!」

このままでは奴らには勝てない...。そう思ったオレは、仲間を集める旅に出た。
なんでも、とある予言書によると

「5人の勇者が現れるとき、邪悪な悪魔は打ち倒される」

らしい。ということで5人の勇者をこれから集めるのだ!

HGUC ジムストライカー
で、まず最初に出会ったのがこの兄弟だ。
ジム「ぜひ一緒に、戦わないか?」
コマンド兄弟「ああ、いいぜ!」

HGUC ジムストライカー
次に出会ったのが、このマッチョな大男だ。
ジム「ぜひ一緒に...」
パワード「来るのをお待ちしておりました」

HGUC ジムストライカー
これで仲間は3人になった、そして4人目はと探していたところ...

おお!あれはっ!

HGUC ジムストライカー
そこには一人の男が畑で汗を流していた。
ジム「ちょっと、そこのキミ...」

HGUC ジムストライカー
ストライカー「えっ?!オラだか...」
ジム「そうだそこのキミ、一緒に悪と戦わないか?」
ストライカー「ええっ?でもオラは畑作業しかしたことないべ」
ジム「いやっ、私には見える!君のその背中の緑のオーラが!」

HGUC ジムストライカー
ということで、ついに仲間は4人になった。部隊の名前も、

「量産戦隊ジムレンジャー」

と決まり、メンバーのコードネームも、ジムレッド、ジムブラック、ジムオレンジ、そしてジムグリーンと決まった!そして残すはあと一人!もう少しであのズゴック兄弟と対決だ!

ということで、ジムの旅はまだ続いている。勇者の最後はいずこに...
がんばれ、量産戦隊ジムレンジャー!世界の平和を守るためにっ!

to be continue 次回へ続くよ!


1/144 HGUC RGM-79FP ジム・ストライカー
1/144 HGUC RGM-79FP ジム・ストライカー
おすすめ平均
stars色分けがイマイチだなぁ
stars良く出来てますが
stars一騎駆け好きにはたまらない機体(取説参照、笑)
starsまた流用…
starsいいんですけど・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)
copyright gunplablog.com